米国太平洋時間の12日、アップル社は3つの新製品を一挙に発表した。スマートフォンの「iPhone8」と「iPhone8Plus」、そしてアップルのスマートフォン市場進出10周年を記念する製品「iPhoneX」(アイフォーンテン)だ。

写真拡大

米国太平洋時間の12日、アップル社は3つの新製品を一挙に発表した。スマートフォンの「iPhone8」(アイフォーン8)と「iPhone8Plus」(アイフォーン8プラスPlus)、そしてアップルのスマートフォン市場進出10周年を記念する製品「iPhoneX」(アイフォーンテン)だ。だがアップルの発表の前日、中国の小米科技(シャオミ)もXと同じく全画面デザインの新機種「MIX2」を打ち出した。華為(ファーウェイ)もアップルに対してベンチマーキングを行った人工知能(AI)チップ「麒麟970」を早くに発表し、次世代主力製品「Mate10」を10月中旬に発表することを明らかにした。経済日報が伝えた。

アップルはかつて携帯電話産業を牽引してスマートフォン時代へと導き、それから10年後の今、またもや新製品で業界を席巻しようとしている。そんな今、国産携帯産業にはアップルの挑戦に立ち向かえるどのような新製品や新技術があるのだろうか。

▽アップルの中国シェア低下は明らか

小米科技の雷軍会長は、「アップルの新製品と発表がかち合わないようにするため、小米MIX2の発表を一日前倒しした。自分たちの製品には自信があり、影響力の問題があるだけだ」と話す。

華為の態度はより先鋭的だ。アップルの発表の後、華為の端末業務部門は、「がっかりしなかった?華為は今までにない喜びを準備中。10月16日、華為Mate10発売」とツイートした。

中国の携帯メーカーが控えめな態度を取ろうと、鳴り物入りで製品を打ち出そうと、アップルの中国市場シェアの低下状況が明らかであることには変わりがない。以前の業績と比較した場合、第三者コンサルティング機関がまとめたデータでは、中華圏におけるアップルの販売量は6四半期連続で低下している。2017年度第3四半期(17年4〜6月)の中華圏売上高は前年同期比10%減少し、前期比では25%減少し、15年度第2四半期(15年1〜3月)に比べると減少幅は50%を超えた。他社と比較すると、17年度第2四半期(17年1〜3月)には、華為、OPPO、vivo、小米が中国市場で上位4位に並び、市場シェアは順に20.2%、18.8%、17%、13%を占め、いずれも前年同期に比べて上昇した。4社を合わせた中国市場シェアは69%に上った一方、アップルは8.2%にとどまり、前年同期の8.5%からさらに後退した。

アップルは新製品発表により、こうした流れを食い止められるだろうか。通信産業の専門家でもある項立剛会長は、「今回発表されたアップルの製品は、全体として革新が不足している。主力技術のいくつかはすでに他メーカーが採用したものだ」と指摘した。アップルの今回の新製品発表会が始まる頃、アップルの株価は163.96ドル(1ドルは約111.3円)まで跳ね上がったが、携帯電話の新製品発表につれて徐々に下がり、最終的にこの日は160.86ドルで引け、前日比0.40%値下がりした。ここには資本市場のアップルに対する態度がはっきりと現れている。

▽技術はアップルを追い越し中

今回発表された8は「iPhone7」(アイフォーン7)とあまりにも似ており、市場はXにより注目するようになった。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)によれば、XはiPhone史上「最大の飛躍」だという。だがXが打ち出す技術上の注目点は、アップルが先行者ではない。

Xの最大の売りである全画面デザインは、端末本体における画面の比率をできる限り大きくするというものだが、昨年10月25日に小米が発表したコンセプト機の「小米MIX」は、中国メーカーとして初めて全画面デザインを採用している。vivoや金立や華為も今年9月下旬から10月中旬にかけて、全画面デザインの新製品を発表すると相次いで宣言した。

Xのもう一つの売りは指紋認証が顔認証に変わったことで、クックCEOは「指紋認証は他人が認証を突破する確率が5万分の1だったが、顔認証はわずか100万分の1だ」と述べた。だが顔認証はXの前に発表された小米「Note3」や華為「栄耀Magic」にすでに搭載されている。