レスター移籍不成立のポルトガル代表MFが一時帰国 「彼の心の奥底にはW杯の懸念が…」

写真拡大

“14秒遅れ”で移籍不成立のシウバ、監督が現況を説明「家族と時間を過ごした」

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、今夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからポルトガル代表MFアドリエン・シウバの獲得で合意していたが、手続き完了がわずか14秒オーバーして、加入が認められない事態に陥った。

 クレイグ・シェイクスピア監督は会見で、シウバを一時帰国させたと話したという。英公共放送「BBC」が報じている。

 イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターをチェルシーに売却したレスターは、代役候補のプレーメーカーとしてシウバに白羽の矢を立て、移籍金2200万ポンド(約31億円)で合意に達していた。しかし、移籍期限の8月31日、国際移籍証明書の手続き遅れによって、わずか14秒オーバーでFIFAから加入が認められないとの判断が下された。

 レスター側としてはシウバを来年1月までプレーできない状況は是が非でも避けたいところで、必死のアピールを続けている。ただ、クラブ側としてはシウバのモチベーション維持のため、相当な気遣いをしているようだ。シェイクスピア監督は「彼は素晴らしい父親なので、家族と時間を過ごした」とポルトガルに一時帰国したことに触れ、こう言葉を続けた。

「私とも彼が交わした会話はとても簡単だ。当然のことながら、彼の心の奥底には(ロシア)ワールドカップの懸念があるだろう。彼はここで適切なソリューションが見つかることに興味も強く感じていると思うよ」

 来夏に控えるロシア・ワールドカップを見据えても、プレー機会の損失は大きな痛手となる。果たしてシウバの望むようは結論を、レスターは導き出せるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images