▽徳島ヴォルティスは19日、一部サポーターによる観戦マナー違反についての処分を発表した。

▽クラブの発表によると、違反があったのは2日に松本平広域公園総合球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第31節の松本山雅FC戦。一部サポーターによる観戦マナー違反が発生していた。

▽徳島は違反者5名を特定。ピッチに向けて中指を立てる侮辱的行為をした1名には、10日からのホームゲーム5試合と同期間中のアウェイゲームの入場禁止処分を下した。

▽また、試合中〜試合終了時に、フェンスや手すりに腰を掛けたり、またがったりする危険な姿勢での観戦や応援をした4名に対しては、厳重注意を行うとともに、違反者が所属するサポーター団体1つの団体登録を抹消。団体での応援活動を禁止することを発表した。

▽徳島では、今年4月にもサポーターがボールパーソンへ水をかける行為を起こしており、チームが処分を下していた。