「ミスを恐れたところを相手にうまく突かれた」1回戦敗退の尾里紗 [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した尾粼里紗(江崎グリコ)はシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に2-6 6-7(5)で敗れた。

 自らのサービスゲームで始まった試合で、40-0から相手に粘られ、連続ダブルフォールトもあってブレークされてしまう。スタートでつまずき「朝から体が重く、硬くなった」ことも重なり、第1セットはリズムをつかめないまま2-6で落とした。

 第2セット2-2から、課題にしていた思いきって攻めるテニスでウィナーを奪い、2ゲーム連取で勢いに乗れるかと思われた。しかし、相手も簡単には引き離されず、すぐに4-4に追いつかれる。

 一時は不調だった相手の強烈なサービスがふたたび決まり出すと、尾粼は苦しい展開が増える。5-6からマッチポイントをひとつしのぎ、粘り強くラリーを続けて何とかブレークしてタイブレークに持ち込んだ。

 タイブレークは3-0、5-4と2度リードしたものの、最後は相手の強烈なショットで3ポイントを連取され、敗退した。

 ジャパンウィメンズオープンに続く1回戦敗退となったが、全米オープン以降に取り組んでいる「自分からポイントを取りにいくプレー」を出せていると、敗戦の中にもある一定の手応えをつかんでいるという。

 また、WTAだけに絞って戦う初めてのシーズンを「このレベルは簡単じゃないので、その中で戦えているのはすごく意味がある」と、今季の充実ぶりが伺える。シングルスは敗退したが、明日20日(水)は正午以降に奈良くるみ(安藤証券)と組むダブルス1回戦に臨む予定だ。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式

※写真は「東レPPO」1回戦でロジャーズにストレートで敗れた尾粼