昨季の欧州CLでも同箇所を負傷したバイエルンGKマヌエル・ノイアー

写真拡大

 バイエルンは19日、GKマヌエル・ノイアーが左足中足骨の骨折で手術を受けたと発表した。来年1月に復帰する見込みという。

 ノイアーは18日のトレーニング中に左足を負傷し、19日夜に行われるブンデスリーガ第5節シャルケ戦を欠場すると報じられていた。ところが、19日朝に詳しい検査を受け、中足骨の骨折と診断。年内の復帰を諦め、手術に踏み切った。

 同選手は4月18日に行われた昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝のレアル・マドリー戦でも同箇所を負傷。今季のブンデスリーガ開幕節レバークーゼン戦まで、プレシーズンを含む試合を欠場していた。


●ブンデスリーガ2017-18特集