出た出た!UEFA ELの試合中、ピッチ上で突然あれが発動!

写真拡大

今週開幕を迎えたUEFAヨーロッパリーグ。南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルク対ヴィトーリア・ギマランエス戦では、大会史上初となるスタメンが話題になった。

ギマランエスにあるD. アフォンソ・エンリケスで行われた試合では、こんな出来事も…。

Onverwacht bezoek bij Vitoria SC - Salzburg vanavond 💦💦💦
FOX Sportsさん(@foxsportsnl)がシェアした投稿 -

試合中に突然、スプリンクラーが発動!このため、審判が中断を告げたが、攻め込もうとしていたザルツブルクの選手たちは不満げな様子でもあった。

その後、再開された一戦は1-1のドローで終了。

ヴィトーリアのペドロ・マルティンス監督は「とても難しい試合だった。勝ちたかったが、負けたくもなかった。このドローでも野心は変わらない。戦いは続く」などと述べていた。

なお、南野はベンチ入りせず。ザルツブルクは2週間後には酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦する。日本人対決にも期待したい。