2017年9月16日、秋田新幹線「こまち3号」(7両編成)がクマと衝突し、緊急停車した。

場所は、秋田市の大張野駅と大仙市の羽後境駅の間。線路上を横切るように現れ、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。乗客約200人にけがはなかった。クマはそのまま姿を消したという。「こまち3号」は徐行運転で近くの駅に向かい、点検を行った後、35分遅れで運転を再開した。

NHKや読売新聞などで報じられたニュースを受け、ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。

「そういえば普通の電車が走る普通の線路だった」


奥羽本線区間を走行する秋田新幹線E6系。写真はイメージです(Cheng-en Chengさん撮影、Wikimedia Commonsより)

ツイッターに届いているコメントを見てみよう。

「英語表示で『Bear collision』って出てきたので(おっおう...)ってなった」「ちょっと痛かったぜ」などと、そのまま去っていったというクマの強靭さに驚く人が多い。

一方、こんな感想も多かった。

「そういえば普通の電車が走る普通の線路だった」「『秋田新幹線』は本線から切り離されて在来線の線路を走る特急なのです」「高架での走行ではなく在来線の線路を走行しているため、クマが線路内に立ち入ったと思われます」などという指摘である。

秋田新幹線は、盛岡駅から秋田駅までは、田沢湖線・奥羽本線という在来線を走行する、いわゆるミニ新幹線だ。したがって沿線の山林からクマ、カモシカなど野生動物が線路内に侵入し、衝突するケースもしばしばだ。地元の人にとっては、けっして珍しくない日常的な事故と言えるかもしれない。

「秋田新幹線 クマと衝突し緊急停車」というニュースに対して、首都圏に住む人は「えっ?」と驚くが、秋田県民は「またか!」と舌打ちする。まったく違う反応となるのだ。