<2つある腎臓のうち1つを親友に提供した女優の話が美談になっているが、生体ドナーの健康に影響はないのか......>

女優セレーナ・ゴメスが施術を受けたことを公表し話題となった腎臓移植。昨年、ピープル誌のインタビューで難病の全身エリテマトーデス(SLE)と闘病していることを明かしていたゴメスは今年5月、恋人で歌手のザ・ウィークエンドのシカゴ公演のため訪れたシカゴで、腎臓の機能低下により病院に緊急搬送された。

急を要する容態のゴメスに腎臓を提供したのは、女優のフランシア・ライサ。これまでも仲の良い様子が報じられたことのある親友だ。メディアはこぞって、自らの体を呈してゴメスを救った「美しい友情物語」を報じている。

しかし、一般的にリスクが低いとされる腎臓の移植手術ですら、少なからず懸念事項があるのも事実だ。今後のライサの健康にリスクを指摘する声が上がっている。

I'm very aware some of my fans had noticed I was laying low for part of the summer and questioning why I wasn't promoting my new music, which I was extremely proud of. So I found out I needed to get a kidney transplant due to my Lupus and was recovering. It was what I needed to do for my overall health. I honestly look forward to sharing with you, soon my journey through these past several months as I have always wanted to do with you. Until then I want to publicly thank my family and incredible team of doctors for everything they have done for me prior to and post-surgery. And finally, there aren't words to describe how I can possibly thank my beautiful friend Francia Raisa. She gave me the ultimate gift and sacrifice by donating her kidney to me. I am incredibly blessed. I love you so much sis. Lupus continues to be very misunderstood but progress is being made. For more information regarding Lupus please go to the Lupus Research Alliance website: www.lupusresearch.org/ -by grace through faith

Selena Gomezさん(@selenagomez)がシェアした投稿 -

(左からフランシア・ライサとセレーナ・ゴメス)


12万人が「腎臓待ち」

どんな手術にもリスクは付き物だが、健康な腎臓の需要は高まっている。全米腎臓財団によると、腎臓移植を待つウェイティングリストに名を連ねる患者は10万人を超える。現在実施されている移植の多くは、死亡したドナーから提供を受けたもので、同組織によれば、2014年のドナーのうち死亡者が7761人、生体(生存している人)は5538人だった。

今回のゴメスのケースは生体ドナーからの移植に当たるが、ジョンズ・ホプキンズ大学医学部の専門家は、生体ドナーのその後の健康に影響が出る可能性を指摘している。

【参考記事】マラソンでランナーの腎臓が壊される
【参考記事】臓器売買に走るマイクロクレジットの闇

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部