コロンビアで起きた「歴史上最悪のPK」が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

コロンビアFWがPKで10m以上も大外し…海外メディアも特集「史上最悪のPKミスが誕生」

 南米サッカーのPKでとんでもない明後日の方向にシュートを放ち、失敗した選手が世界で話題を呼んでいる。絶好のチャンスで飛び出したまさかの事態に海外メディアは「歴史上最悪のPKを見よ」と特集。紹介した動画を見たファンが目を丸くしている。

 なぜ、彼は明後日の方向に蹴ってしまったのか。悲劇の主人公になってしまったのは、コロンビア1部リーグ、アトレティコ・ジュニオールのFWテオフィロ・グティエレスだ。

 17日(日本時間18日)のティグレス戦。2-0で迎えた後半32分、PKのチャンスを得るとキッカーを務めたのが、グティエレスだった。ボールをセットし、主審の笛が鳴る。そして、2、3歩ステップを踏み、身長に右足インサイドで蹴った次の瞬間だった。

 放たれたボールはゴールマウスを捉えられないどころか、枠から右方向に10メートル以上も外れて浮き、とんでもない方向に飛んでいった。

 本人は振り返って両手を広げ、足元を見つめた。シュートの瞬間、軸足の芝生がめくれ、態勢を崩していたのだ。しかし、GKは悠然と見送り、スタジアムは騒然。失態を演じてしまったグティエレスはバツが悪そうな表情を浮かべていた。

本人は皮肉? 「芝の状態はパーフェクトだったから、言い訳はできないね」

 これには海外メディアも反応し、大きな話題を呼んでいる。アルゼンチン紙「テオフィロ・グティエレスが執行した歴史上最悪のPKを見よ」と見出しを打って特集した。

 試合には勝利したが、記事は「その歓喜をも遥かに凌駕する史上最悪のPKミスが誕生した」と記述。「シュートの際、足が触れた瞬間からボールは脱線し、あらぬ方向へ何メートルも飛んで行った。好機を非現実的な失敗で棒に振る、愕然とさせるワンシーンとなった」と振り返っている。

 本人は試合後に皮肉だろうか、「芝の状況はパーフェクトだったから、言い訳はできないね」と話したとい、記事は「リーベル・プレート、スポルティングなど世界的名門でプレーしたストライカーが思わぬ恥を受けた」とつづっている。

 アルゼンチン総合ニュースサイト「Urgente24」も公式ツイッターで動画を紹介し、ファンに衝撃が広がってしまった。グティエレスにとっては耐えがたい屈辱だったかもしれない。しかし、せめてもの救いは2-0で試合にそのまま勝利したことだろう。