女性にとってキスは、彼との相性を図る上で欠かせないと言われています。
逆に男性にとっては、セックスへの着火剤のようなものです。

重要な役割を持っているからこそ、キスのシチュエーションにこだわることで、
彼の本能を刺激できる上に「この子を離したくない!」と思わせることができます。
そこで今回は、男性側が思わずキスしたくなってしまうような、
シチュエーションをご紹介していきましょう。

1:暗めの照明

ちょっと想像してみてください。
彼と、照明が落ちたバーカウンターに2人になったところを。

なんだか落ち着かない気分になりませんか?
暗い場所は、人から理性を奪いやすいため、
知らず知らずのうちにドキドキ感を増す効果があるのだそう。

ただその原因を当の本人たちは自覚していませんから、
“性的な興奮”と解釈して、キスしたい欲が高まるのです。

2:リラックスしている時

寝ている姿にキスしたくなるとはよく聞きますが、
種を残すために「女性を守らなければ」という本能が男性には備わっているために、
湧き上がる感情なのだそう。
そのため無防備な姿を見ると、思わず守りたくなり惹かれる傾向にあるようです。

彼の前ではできるだけリラックスしておくと、
知らず知らずのうちに、彼の本能をくすぐっているかもしれません。

3:お腹が空いている時

男性は、食欲中枢と性欲中枢がとても近くにあるそう。
そのため、食欲中枢が刺激されている空腹の状態では、
同時に性欲も刺激されることがあると言われています。

「お腹空いたなぁ」と呟いている時は、彼の隣にちょこんと座ってみるといいでしょう。

4:唇を濡らした時

リップクリームや口紅を塗った時、飲み物で唇が少し濡れた時、
男性の本能はビビっと刺激されます。
それは男性と違い、女性の唇は女性器の象徴とも言われているため。

パッサパサの唇になっていないか、彼と会う際はしっかりチェックしてくださいね。

5:女性らしい香りを感じた時

本能的な刺激を感じる大脳辺縁系を刺激すると、男性は思わずキスしたくなってしまうそう。
この部分をダイレクトに刺激するには、嗅覚を攻めましょう。

特に効果的なのが、イランイランの香り。
ボディオイルに混ぜたり、香水の代わりにひとふりしておくといいかもしれません。

おわりに

男性の深層心理を上手く利用して、彼からのキスをいただきましょう。
本能を鷲掴みにしてしまえば、彼はあなたから離れなくなるはず!

成功を祈っています。(村上真朝/ライター)

(愛カツ編集部)