画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「しらたま」のサービス内容とは?

マネーフォワードは9月19日、貯金が苦手な人に向けて開発されたという新サービス「しらたま」を発表。iOS向けにアプリ提供を開始した(Androidアプリは現在開発中)。「(しら)ずにお金(たま)っていく」という同サービスだが、どのような仕組みになっているのだろうか。

○「しらたま」はどんなサービス?

「しらたま」の発表にあわせて開催された記者説明会には、マネーフォワード 代表取締役社長CEOの辻庸介氏が登壇。「しらたま」について説明した。

同社では2012年12月より自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」を提供している。「しらたま」は、このマネーフォワード(iOS版)または「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」(iOS版)に連携済みのクレジットカード明細を元に展開するというもの。「しらたま」の利用開始と同時に、連携金融機関内に「しらたま」でお金をためるための貯金専用口座(目的別口座)が開設され、アプリ上の貯金箱と口座の残高が連携される。

機能面では、毎日小銭を貯金できる「つみたて貯金」と、買い物のおつりを貯金していく「おつり貯金」などが利用可能。「つみたて貯金」は、毎日の貯金額を設定して自動でメイン口座から貯金専用口座に貯金ができる。「おつり貯金」は、例えば360円の本を購入したときに140円(あるいは640円)を貯金するといったように、意識せずにお金を貯めていくことができる。

辻氏は「マネーフォワードではこれまで"お金の見える化"を進めてきた。しらたまは、そこから一歩進んだ貯金をするためのソリューション。社長直下で開発を進めてきた」と説明する。ちなみに同社でお金に関する不安を調査した結果、上位には「老後・年金」「資産運用」「貯金がない・貯金ができない」があがった。そこで今後は、しらたまと資産運用できるサービスとの連携も考えているという。

●マネーフォワードとの連携で新たな"貯金体験"を提供

辻氏は、先行する競合のサービスとは次の2点で差別化できると強調。「まず家計簿の管理ができるマネーフォワードとの連携が強み。毎月の収入・支出、お持ちの資産から無理のない適切な貯金額を計算するので、我々ならではのご提案ができる。またユーザー体験も強み。貯金したいけれどできない、そうした方をターゲットに想定しており、楽しくワクワクしながら貯金してもらえるプロダクトにした」とアピールする。

○お客様に新たな"貯金体験"を

ところで銀行の口座情報にアクセスするAPIには、金融機関の残高や入金履歴などを閲覧できる参照系APIと、振込などの更新が可能な更新系APIがある。「しらたま」では更新系APIを活用しているそうだ。

記者説明会では、このAPIを提供する住信SBIネット銀行から、FinTech事業企画部長の吉本憲氏が登壇。「FinTechが金融にイノベーションを巻き起こす」と説明する同氏は、「しらたま」を、利用者が銀行サービスと気付かずに利用できる。FinTech企業と銀行が連携することで、お客様に様々な"貯金体験"を創出できる」と評価した。

改正銀行法が公布され、今後、全国の銀行や信用金庫でAPI開放の動きが高まると予想される。現在はカード会社やその他の金融機関でもオープンAPIヘの取り組みが活発になっているが、吉本氏は「汎用的なAPI基盤が競争力の源泉になる。これまで金融サービスは規制に守られていたが、今後は銀行APIを使った様々なサービスが登場する。住信SBIネット銀行では、FinTech企業のインフラを目指している」と今後の展望を語った。