街を歩いていると、「どこ行くの?」なんて男から声を掛けられる。そう、ナンパです。人の多いところを歩くとあまりに頻繁に声を掛けられてウンザリすることもありますよね? なぜ、声を掛けてきたのか。男も誰彼かまわず話し掛けているわけではないんです。そこで今回は、ナンパ経験のある男子たちに、ナンパされがちな女が無自覚にしている行動について聞いてみました。

文・塚田牧夫

親切に道を教えてくれる

「俺やよくやるのが、道を尋ねるやつ。本当はよく知っている場所なんだけど、知らないふりして女の子に道を聞くの。親切そうな子を選んでね。

そして、道を教えてもらったらしっかりお礼を言う。ついでに連絡先も交換。“もしものとき……”とか言えばたいてい教えてくれます」ユキヒロ(仮名)/27歳

男がどういうタイプに声を掛けるのかと言うと、美人でツンとした女子よりも、見た目はそれほど良くなくても優しそうな女子。

「断れなさそう〜」といった雰囲気の女子は狙われやすい。そのままズルズルと最後までいってしまうこともあるようなので、嫌なときはしっかり断るように心がけましょう。

人前で化粧を直す

「道とか電車の中で化粧を直してる女とかは、けっこう狙い目な気がします。人目を気にしないタイプからですかね?

最初はツンとしてても、それを乗り越えると意外とすんなり打ち解ける。心を開いてくれやすいイメージがある」ケイジ(仮名)/28歳

人目を気にせずに人前で化粧を直すということは、ナンパされていても周囲を気にすることはないのではと思われるようです。だから男からすると声を掛けやすい。

また、そういう女性は、“だらしないタイプ”に見られがち。男たちからも、だらしない性格だとナメられてしまうのです。なので、だらしなさを感じさせないよう服装などにも注意を払うべきでしょうね。

行先を決めずに歩いている

「ナンパするときは、すぐに声を掛けずにしばらく様子を見ますね。ゆっくり歩いていたり、お店にふらっと入ったりするような子なら、GOです。

特に行先も決まっていなくて、目的もないような感じなら、声を掛ければ話は聞いてもらえますからね」ユキナリ(仮名)/27歳

足早に真っ直ぐ歩いているような子は、目的があるため、声を掛けてもスルーされる確率が高い。だから、フラフラとゆっくり歩いているような子を狙うのは当然と言えるでしょう。

また、そういう子はおっとりしているタイプが多いでの、声を掛けても邪険に扱われることは少なく、ナンパの標的として相応しいようですね。

ナンパされがちな女の無自覚行動をご紹介しました。心当たりはあったでしょうか?

ナンパを面倒だと感じている方は、何気ない行動にも注意して、つけ入る隙を与えないようにしましょう。逆に「ナンパされたい!」と思っている方は、こういう行動をとってみるといいかもしれません。

(C) Syda Productions / Shutterstock(C) Nick Starichenko / Shutterstock(C) Ollyy / Shutterstock