エレファントカシマシ、28年連続“聖地”野音ライブ開催

写真拡大

 デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシが、毎年恒例28年連続開催となる日比谷野外大音楽堂ライブを18日に開催、ライブレポートが到着した。

エレファントカシマシ ライブ写真(全2枚)

 1990年より続く毎年恒例の日比谷野外音楽堂のライブ。デビュー30周年の記念すべき年の今年で28年連続の開催となった。エレカシにとってバンドのライフワークとして行っているライブで、過去には、ライブ活動休止発表後「少しだけ歌わせてくれ」と宮本が一人ステージに立ったり、その後の復活ライブの舞台になるなど、まさに“聖地”と呼ぶに相応しい会場である。

 今年は、ライブの開演前に、異例となるテレビ朝日『MUSIC STATION ウルトラFES.』の生中継が入り、代表曲であり、今や日本を代表する応援歌となった「俺たちの明日」を生披露した。MCのタモリとの掛け合いも絶妙で、「会場も大盛り上がりです」の宮本の声に会場は早くも大歓声につつまれた。テレビ中継の後、時間通り17時にライブ本編がスタート。宮本本人の言葉を借りると、「ロケットスタート」という言葉通り、テレビ中継で暖まった会場の空気は1曲目「地元のダンナ」から最高潮となった。

「野音らしくマニアックといいますか、好きな曲をやります」という宮本の言葉通り、現在開催中となるベストアルバム『THE FIGHTING MAN』を携えての全47都道府県ツアーとは全く違ったセットリストで、昔からのファンも唸る野音ならではの選曲でライブは進行していく。

 「野音は、その時ふと思いついた曲をやってます」とのMCの後には、アルバム『エレファントカシマシ5』に収録されている名曲「曙光」を披露し、その圧倒的かつエレカシ独自の世界観に会場が支配される。この空気感は、会場の中だけでは収まらない。

 この日は、屋外の会場ということで、会場の外に漏れ聴こえる音を求めて、なんと数千人のファンが日比谷公園に集結する事態に。会場のまわりをグルッと取り囲むように、至るところにファンがいて、ある人はシートを敷いて座り込み、ある人は立ちながら、会場の音に耳を傾けている。更にこの光景に通りすがりの人たちも何事かと立ち止まって、徐々に人が増えていく状態に。今までも、このいわゆる“外聴き”する人々の光景はあったが、今のエレカシの勢いを象徴するかのように、過去最高となる人数が会場のまわりに集結した。

 これも伝説として語られるエレカシの“聖地”野音ライブの醍醐味だ。その後も、野音ならではの選曲で会場の観客、そして“外聴き”する会場の外の人たちも含めて、ファンを酔わせていく。本編最後は、これぞエレカシの代名詞という「男は行く」の圧倒的なバンドパフォーマンスにて、1部終了。

 2部は、「俺たちの最大のヒット曲で、野音に相応しい曲なので聴いてください」という宮本の言葉共に代表曲である「今宵の月のように」を披露。さらに、「音楽を愛するいい奴らだ。エレファントカシマシを愛してくれてありがとう」と、本当にこの日のライブを象徴するような名MCの後に、デビュー期の楽曲「ゴクロウサン」そして最新シングル曲「風と共に」という新旧の名曲を披露。

 こうして、28年連続となるエレカシの日比谷野外大音楽堂公演は大盛況のうちに終了となった。