アルゼンチンリーグに“可愛いお客”が乱入…ボールで遊ぶ姿が愛しいと話題に

写真拡大

 アルゼンチン1部リーグのプリメーラ・ディビシオンが17日に行われ、サン・ロレンソとアルセナルが対戦した。同試合で“可愛いお客”がピッチに乱入したようだ。

 アルゼンチンメディア『TyC Sports』によると、サン・ロレンソのホームで行われた試合の最中、小さい犬がピッチ上に入ってきた。カメラは、転がったボールに反応した小型犬が、そのままボールと戯れる姿を捉えている。見かねた選手たちが外にボールを放り投げると、ワンちゃんもつられてピッチの外へ。捕まえようと大人が出てきたが、なかなか捕まらず苦戦していた。

 どうやって捕獲したか定かではないが、ワンちゃんは試合の後、インタビュースペースに姿を表した。マイクを向けられると、素早く先端のスポンジ部分をガブリ! 愛くるしい姿に周囲も和んだ模様である。

 なお試合は、ホームのサン・ロレンソが1−0で勝利した。

https://twitter.com/TyCSports/status/909798627572355074