“自然消滅”の危機!? 「彼から連絡が来ないとき」のNG行動&対処法

写真拡大

一週間、半月……。彼から連絡が来なくなって久しい。どうしたのか、何かあったのか心配になって、だんだんと心配から不安に変わっていく……。

やっぱり離れられない! 男性が「このコが彼女でよかった」と思う瞬間5つ

このままでは「自然消滅」してしまうのではないか。

いつまで待てばいいのか、それともこちらから連絡をしてもいいのか悩むところです。自然消滅を判断するのは難しいですね。

今回は、彼から連絡が来なくなった原因と、その対処法について探ってみました。

彼から連絡が来なくなった原因は?

次のようなケースが多いでしょう。

なにか大きな出来事が起きた家族や健康のことで問題が起きた仕事に没頭しなくてはならなくなった携帯が壊れた

などが挙げられます。それは、恋愛どころではないほどの深刻さや忙しさです。

このケースは自然消滅しようとしている、と間違われることがしばしば。

直前の様子は?

直前まで変化がなかった場合

メールやLINEの内容や頻度、デートのときの様子に変化が感じられなかったのなら、自然消滅ではないでしょう。

まず、連絡をしなくなったとしても、男性のほうは消滅だと思っていないことが多いです。

数か月ぶりに彼女に連絡し「ひさびさに連絡できた!」と思っている男性もいます。その数か月の間、全く何も思わないことが不思議ですが、男性は時間のスパンが長いからかもしれません。数か月ぶりでもまるで昨日のように話をしてきます。

そこで「もう終わったのかと思ってた」などと言わないことです。

直前に変化があった場合

返信があったりなかったり、一定していなかった。返信のレスポンスが遅くなった。会ったときに心ここにあらずのような違和感があった。

それは、残念ながら「自然消滅しようとしていた」のかもしれません。

そんな場合は、あれこれと手を尽くそうとしないほうがうまくいくことがあります。放っておくことで、また連絡が来るかもしれないのです。

そこで「自然消滅しようとしたでしょ」と怒ったメールを送るのは自爆行為。「何事もなかったように元に戻る」こともなくなるので要注意です。

男性の考えとは?

毎日の日課になっているメールやLINEは、多忙だと煩わしい。話題や内容を考えなければいけないし、ラリーを続けなければいけない。それなら電話で、というわけにもいかない。改めて話すほどの用事はないし、女性相手では長電話になりそう……と消極的になってしまうのが男性の考えです。

ですから一定期間連絡をしないでいると、ラクになってしまいます。深い意味はないけれど、ラクなのでついそのまま。

男性は思う存分放っておいてほしい生き物です。「連絡がなくて困る」「淋しい」のは女性の都合。
とはいっても「こっちのことを全く考えてくれない男ってどうなのよ」と腹も立ちますよね。

確かに、放ったらかしは恋人として不十分ですが、多忙なのに彼女のことまで思いやる男性はなかなかいないでしょう。

ほとんどは「彼女も忙しくやっているだろう」と、勝手に良いほうに判断しています。

感情的にならないことが大事!

そこで感情的になると、取り返しがつかなくなります。

「いったいなんなの?」と、彼に電話して怒ったり泣いたりしない。原因究明とばかりに彼に連絡がつくまで爆撃しない。女性は原因や理由が知りたくて徹底的に連絡したりします。

まずは感情に振り回されないようにし、自由な時間ができたことを喜びましょう。

連絡が来ない…どれくらい待てばいい?

最低で三か月、最長半年です。三か月で季節は変わるので、仕事や家族のことや健康状態も、三か月経てば目処がつきそう。

半年経てばすっかり元の状態に戻りますし、変化したものも落ち着くころです。そこで、短めの簡単な連絡をしてみましょう。

男女で異なる「時間の感覚」

男性は女性と正反対。「何か月経った」など数えていませんし、経過した時間を何とも思っていないのです。女性より気が長いと思ってください。

女性は「何日までに」など、時間をはっきりさせたい。意外と気が短いのですね。

連絡があったら「久しぶり。落ちついた?元気?」と友人のように対応しましょう。

ここで「ずっと待ってた」と、重い言葉は言わないこと。そこで男性は初めて感激します。

その三か月は、自分の時間として有意義に過ごしましょう。くれぐれも半年以上は長く待たないようにします。時間は有限ですので、ほどほどで切り上げることも大事です。