『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の館』VR映像公開 死霊人形“アナベル”の呪いを体感

写真拡大

 10月13日に公開される『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の誕生』より、死霊人形“アナベル”の強力な呪いを体感できるVR映像が公開された。

(参考:少女の背後から“呪いの人形”が……『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の館』本編映像

 本作は、現在も米コネティカット州のオカルト博物館に保管されている、実在する呪いの人形“アナベル”の誕生と呪いの起源を辿るホラー。封印されていた人形の呪いを解いてしまったがために、昼夜問わず降りかかる災いに立ち向かうシスターと孤児の少女たちの姿を描く。少女の中の1人であるジャニスを演じるのは、『メン・イン・キャット』『ジオストーム』のタリタ・ベイトマン。『ソウ』『死霊館』のジェームズ・ワンが製作、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務めた。

 この度公開されたVR映像は、誰もいないはずの部屋に鳴り響くレコードと、少女のささやきが聞こえ、突如視界に謎の人影が飛び込んでくる。360度見回せる映像には、あらゆる方向に恐ろしい仕掛けが仕込まれ、 “アナベル” が予期せぬタイミングで次々と出現していく様子を見ることができる。

 同映像は「Galaxy Gear VR」でも体験することが可能。なお、今後本作のVR映像体験用の機械の設置を予定しており、詳細は10月上旬に『アナベル 死霊人形の誕生』公式サイトにて発表される。

(リアルサウンド編集部)