ヤバTプロデュースの怪しすぎるガムが発売

写真拡大

ロッテは、「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクトの一環として、人気ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」とのコラボで“ヤバイガム屋さん”を、9月20日(水)より全国のヴィレッジヴァンガードうち30店舗にて期間限定オープンする。

【写真を見る】渋谷店ではタンクトップくん型のオリジナルガチャからガムをゲットできる

バンド名にある“ヤバイ”をコンセプトに、バンドメンバーがプロデュースしたガムを、渋谷店では特大ガチャマシーンで、その他実施店舗では店員が配布する。味は何とも怪しい“パリピ味”と“ヤバ味”。

そして、渋谷店で配布するガチャカプセルの中には、ヤバイTシャツ屋さんによる味の解説と今回のプロジェクトの内容を紹介しているミニリーフレットがついている。また、渋谷店で配布されるガムは当たり付きで当たりがでた人には「ヤバイTシャツ屋さん」メンバーそれぞれの私物をプレゼントする。オープン当日は“ヤバイガム屋さん”のオープンを記念して渋谷店に「ヤバイTシャツ屋さん」が登場する。

今回の企画に関してヤバイTシャツ屋さんは、「こんにちは!ロッテ大好きバンド、ヤバイTシャツ屋さんです!ロッテ大好き!今回ロッテさんにたくさん媚びを売らせて頂いた結果、素晴らしいコラボが実現しました!ヤバイガム屋さんです。一体どこがヤバイのか。食べてからのお楽しみ!ロッテ大好き!」とコメント。

ヤバTがプロデュースした“ヤバイ”ガム、気になる2つのフレーバーを試してみては。【ウォーカープラス編集部/中居千優】