「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。

一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・食を発信するとあって、そのこだわりの世界観はフロアごとに見ていくのが面白そうだ。

THE A.I.R BUILDING』と呼ばれ、築60年のビルをリノベーションしているこのビルは、もう少し深くコンセプトを掘り下げていくと「Gilles(ジャイルス)というNY出身の架空のジャズミュージシャンが1970年代に住んでいた」というものだ。

B1F
「BASEMENT」

地下には、ギャラリー展示や、DJ・バンドのライブもできる「BASEMENT」。サウンドシステムも本格的だ。

1F
「PUBLIC SPACE」

1Fはカフェになっていて、アーティストのラウンジ×キッチン、というテーマ。

世界最高ランクの紅茶を扱うティーブランド「LUVOND TEA」を中心に、スパークリング・ティーやオーガニックのパンケーキ、グルテンフリーの濃厚チーズケーキも味わえる。

2F
「LOFT」

60年前の天井板を活かした棚などが目を引く2Fは、まさにアーティストのワークスタジオ兼住居。その他、ポップアップショップや、撮影用にスペースレンタルも可能とのこと。

ベットを使わないときは収納して、空間を広くすることも。

3F
「BOX OFFICE」

3Fは、コワーキングスペース。クリエイターやノマドワーカーの拠点となる。

East TOKYOから
物や情報を発信

かつて映画や雑誌で見て想いを馳せていた、1970年代の「アーティストが住みついたビル」。それらを現代のライフスタイルに絶妙に落とし込んだのが『THE A.I.R BUILDING』の最大の魅力なのかもしれない。

Photo by rick_wu (Keiichi Kureshima)
Licensed material used with permission by THE A.I.R BUILDING,(Instagram),(Facebook)