神野プロジェクト Road to 2020(4)


上半身裸で、網走郊外を走る神野大地

 8月、コニカミノルタの網走合宿。

 神野大地はロンドンでの世界陸上選手権を視察後、チームに合流。42.195kmを一度走るなど、順調に練習メニューを消化していた。この日は、中野ジェームズ修一が東京から来て、レイヤートレーニングを行なうことになっていた。

 7月のホクレン網走大会の1万mでは自ら設定した28分50秒以内のタイムに近い28分56秒34で走ることができた。4月以降、マラソンを走るためのトレーニングを続けてきているプロセスの中で、そのタイムを出せたことは神野にとって、これからさらにトレーニングを進めていくうえで非常に意味のあるものだった。

 中野はそのレースの動画を見たという。

「神野には『なんで日本人トップ取れなかったの』って言ったんです。この走りなら取れたんですよ。ただ、もうこのホクレンの走りは古い。今はこんな走りをしていないです」

 わずか1ヵ月前の走りが、もう古いという。神野にいったい何が起きているのだろうか。

 中野が言う。

「7月の終わりにフォームを変えたんです。走っている時、普通に着地すれば前に推進力が出てくるんですけど、神野のフォームはガニ股なので着地した時、外側に力が逃げてしまうんです。そこを変えたかったんですが、内転筋が十分についていないと内側に着いた時、恥骨などを痛めてしまう可能性がある。あと股関節の梨状筋(りじょうきん)が硬いと内側にもってこられないんです。でも、神野は内転筋がついてきたし、毎日ストレッチをしているので柔軟性がある。条件が揃ったので新しいフォームに変更したんです」


 神野はフォーム改造の手応えを、すでに感じているという。

「前の僕のガニ股の走りだと接地の時、足の負担が大きくなって、距離が延びるほど足が疲れやすくなるんです。それでフォームを変えたんですが、まだ2週間ちょっとだけど、走りづらいとかはないですね。内転筋がないと内側に着地しようとした時、違和感を覚えたり、膝に痛みを感じたりするんですけど、今のところそれもないです。8月16日に42.195kmを走ったんですけど、内側への着地を意識して走ったら、全然きつくなかった。スピードも乗ってすごくいい感じですね」

 神野は中野からダイナミックに筋肉を使ってスピードを上げていく走り方を学び、今まさにそのプロセスの最中にいる。その一環としてフォーム改造に取り組んだわけだが、早くもいい形になりつつある。レイヤートレーニングをこなして筋肉をつけてきた成果だといえよう。
 
 15時から、食堂にしているボールルームでレイヤートレーニングが始まった。中野が作ったメニューを見て、驚いた。「2山」、いわゆるダブルスプリットに設定されているのだ。通常のレイヤートレーニングはランジから始まり、ABCDEのトレーニングをこなして終了になる。それでもかなりハードで、トレーニングの終盤は神野の足がブルブルと震え、自然と苦しみに満ちた喘ぎ声が出てくるほどだ。もちろん、翌日の筋肉痛もかなりある。シングルのトレーニングでも「メンタルが大変だ」と神野は言っていたが、ダブルスプリットになると肉体やメンタルがどうなるのか、想像がつかなかった。

「7月30日に一度、2山をやっていて、今回で2回目。世陸などもあり、ちょっと時間が空いているし、明日70km走がありますけど、攻めていければと思います」

 中野は淡々とそういうが、かなりの荒行であることは間違いない。


「あー、きつい!!」

 水分を補給しながら神野が呻くが、表情にはまだ余裕が感じられる。最初の1山は80分で終わった。3分間のレストを挟んで、2山目に入る。

「疲労がたまってきた時、どう動かしていくのかが大事だから」

 中野が神野に言う。当然だが、最初の1山とはメニューが違う。

 中盤のCのトレーニングで、神野の体躯を支える足がプルプルと震える。「はぁ、はぁ」と息が荒くなり、耐えられずに思わずマットに手がついてしまう。

「まだ、早いっ!」

 中野の檄が飛ぶ。無言の神野は支える足に体の全神経を集中させ、手をつくのを必死に耐える。体をぶつけ合うことはないが、まるで相撲のぶつかり稽古のようだ。神野は歯を食いしばり、負けてなるものかと限界ギリギリの体を必死に動かした。

 2山目は75分間で終わった。神野はすべてのパワーを放出したかのような疲れた表情で水を飲む。そのままスッと立ち、尻からハムストリングの周辺を触り、鏡で確認している。

「春から比べると筋肉がついたね。特に尻は丸みが出てきた。1年前とか筋肉のない状態でよく走っていたよなぁ」

 中野がそういって苦笑した。

「ホント、どこで走っていたんでしょうね(笑)。前は足を動かして走っていたけど、今は筋肉で足をもっていっている感じがします」

 神野も違いを感じている。もともと体が細く、尻から足にかけて”マッチ棒”のようだったが、今は尻から太ももにかけて膨らみが大きくなり、”綿棒”になった感じだ。春先からいったいどのくらいの筋肉が増えたのだろうか。


「下半身には間違いなく筋肉がついてきている。それは上半身を見てもわかります。どの種目でも必要な箇所の筋肉をつけていくと、他の部分が薄くなってくる。たとえば神野の場合は下半身に筋肉をつけていくと、腕とか上半身が薄くなるんです。マラソンを走るにはその方がいいので、状態としてはすごくいい感じになっていますね」

 中野はそう言いながら丁寧に神野の足腰をストレッチする。夜はオイルを使いケアをして、明日の70km走に備えるという。そして、その時のチェックポイントを挙げてくれた。

「まず、着地ですね。蹴り上げも含めて、どれだけ長く同じ感じで続けられるのか。そこを見ていきたい」

 神野のフォームは改良中だ。外側に着地する癖が70kmを走って出てこなければ定着しているということだ。それができれば、またさらに前に進める。

 神野は少し神妙な表情で70km走についてこう語った。

「正直、足がもつかなぁっていうのはありますけど(苦笑)。僕は今日のトレーニングとセットだと思っています。筋肉痛が残ったまま走れれば、普通の70kmよりも倍走ったような意味があると思うんです。もちろん、70km走ったからといって強くなれるわけじゃないですけど、マラソンのレースで35km付近でキツくなった時、70km走った自信やオーラが相手に伝わって、自分が前に行けると思うんです。最後、気持ちで負けないように、俺は『やったぞー』っていうために明日は走りたいです」

 
 翌日、網走は雲ひとつない快晴だった。7月のホクレンの大会時は日中35度まで気温が上がり、選手にとっては地獄のようなレースだった。今回はそこまでいかずとも、やはり暑い中で70kmを走ることになりそうだ。

 コースは網走市内の宿泊ホテルの前から網走湖脇のサイクリングロード、能取(のとろ)湖の手前から美岬(みさき)ラインを走り、能取岬を越えてホテル前に戻ってくる1周約35.5kmで、これを2周する。難所は能取岬を越えた後、ラスト10kmのアップ&ダウンが続くところだ。特に2周目は疲労もあり、かなりの粘りが必要になってくるだろう。

「じゃ、行きます」

 神野が静かに言い、午前9時、ホテル前からスタートした。迎忠一コーチ、井上洋平コーチと中野がバンで追いかけていく。日差しが強いが網走湖畔のサイクリングコースは生い茂った草木の中を走るので涼しく、快適だ。ただ、車が並走できないので給水ができない。そして、この時に給水できていなかったことが、その後、神野を苦しめることになる。

「最初10kmまで給水がなくて、僕もいらないかなぁって思っていたんです。でも、5kmでほしかったですね。10km以降は5kmごとに給水したんですが、なかなか吸収されなくて……。40kmぐらいでようやく体に吸収されてきた。そこからの15kmは体が軽くなり、足も前に出ていく感じで、メッチャよかったです」

 美岬ラインは右手には山の緑の斜面、左には林を挟んで能取湖で、走るには気持ちのいいロードだ。気温が上がり、神野はシャツを脱いで上半身裸で走る。灰色のロードに引き締まった白い体が映える。

 1周目は、余裕の表情だった。

 2周目に入り、前半は快調なペースで飛ばす。50km地点、中野が神野のフォームをチェックする。

「いいね。今のところ崩れていない」

 中野はニヤリと笑った。しかし、最後の10kmにくると、神野の表情が歪みだした。


「50kmまでは、あと20kmかぁって思っていたんですけど、60kmからは1歩踏み出す度に左のふくらはぎとか、いろんなところがつりそうになった。レイヤーでの筋肉痛を抱えて走っていたんで、ホント、ヤバかった」

 最後の上りを終えて、下っていくとオホーツクの海が見え、網走市内に入ってくる。残り数kmになると神野の表情に失いかけた生気が戻ってきた。

 ホテル前でフィニッシュを待つ。神野の姿が見えてきた。小さな体が次第に大きくなっていく。

「4時間34分54秒!」

 神野が小さく叫んだ。腰を折り、「しんどかったぁ」と苦笑する。水を飲み、続けてゼリーを摂る。

 当初の予定では1km4分半ぐらいだったが、1km約3分54秒。予定よりもかなり早いペースで、中野は最初「神野がペース計算を間違えている」と思っていたという。しかし、その早いペースで神野は走り終えた。

「とりあえず、70km走れた。やったぁーですね」

 神野は、爽快な笑顔を見せた。

(つづく)


■神野プロジェクト Road to 2020 記事一覧>>

■陸上 記事一覧>>