犬の入院費の相場

ご家庭で犬を飼っている方は多いと思いますが、家族の一員として大切に飼っている犬が突然入院しなければならなくなったとしたら、あなたはどうしますか?生まれつきの病気を持っていて、獣医師からはいつどうなるか分からないと言われているような場合でなければ、犬が入院するなんて考えたこともないという人がほとんどではないでしょうか。あまり考えたくはないことですが、もし犬が入院しなければならなくなった時に備えて、犬の入院費について一度考えてみましょう。

犬の入院費といっても、入院中にどのような治療を行うかによって費用は変わってきます。そこで、かかりやすい病気ごとに入院費の内訳とその相場について調べてみました。

犬のがん

がんの中でも犬が一番かかりやすいといわれる皮膚がんで入院した場合の入院費の内訳は以下のとおりです。

入院料2,000円〜7,000円点滴注射代2,000円〜5,000円血液検査3,000円〜10,000円エックス線検査3,000円〜7,000円腫瘤摘出手術10,000円〜50,000円全身麻酔5,000円〜15,000円

1週間入院をした場合は、犬の大きさや体重にもよりますが50,000円〜170,000円程度かかると考えられます。ただし、手術の術式や範囲、進行の度合いによってもかなり変わってくることが予想されます。

犬の心臓病

犬がかかりやすい病気の中で、がんの次に多いのが心臓病と言われています。心臓病で入院が必要になるケースは安静が必要な場合、もしくは外科的手術が必要な場合になりますが、外科的手術は先進医療のため100万円を超えることも普通で、さらに手術を行なっている病院は少ないようです。

入院料2,000円〜7,000円血液検査3,000円〜10,000円エックス線検査3,000円〜7,000円心電図検査2,000円〜5,000円心エコー検査2,000円〜5,000円

この他に投薬料や食事療法を行う場合の餌代などが別にかかる場合もあります。1週間の安静が必要になり入院した場合を想定すると、25,000円〜120,000円程度必要だと考えられます。

犬の腎臓病

犬がかかりやすい病気第3位にあげられるのが腎臓病です。慢性腎臓病ならば通院で済むのですが、急性腎臓病になると入院が必要になります。

入院料2,000円〜7,000円点滴注射代2,000円〜5,000円尿検査1,000円〜3,000円血液検査3,000円〜10,000円

この他に投薬料や食事療法の餌代が必要になる場合や、透析を行う場合も考えられます。急性腎臓病の入院治療には1週間程度かかると言われており、これらを含めると50,000円〜200,000円くらいかかる場合も考えられます。

犬の椎間板ヘルニア

小型犬に多くみられる病気ですが、椎間板ヘルニアの場合は進行の度合いによっても金額が大きく変わるようです。

入院料2,000円〜7,000円血液検査3,000円〜10,000円MRI検査50,000円以上椎間板ヘルニア手術30,000円〜200,000円全身麻酔5,000円〜15,000円

椎間板ヘルニアでの入院の場合、手術の部位を確認するためのMRI検査などが高額になる場合が多く、さらに手術も術式によって料金に幅があるため高額になることが予想されます。通常は3日から10日程度の入院が必要と言われており、仮に1週間入院したとして計算すると、100,000円〜350,000円はかかると思った方が良いでしょう。

この他にもいろいろな病気で入院するケースが考えられますが、一言で犬の入院費と言っても注射代や検査料、手術料、麻酔代、入院料等の合計で成り立っているということがお分かりいただけるかと思います。

犬の入院費が高い理由

「あそこの動物病院は高い」とか「○○町の動物病院は××円かかった」などと公園で情報交換をしている飼い主さんを見かけますが、なぜ動物病院ごとに犬の診療費や入院費が違うのか不思議に思ったことはありませんか?

実は、人が病院を受診した時は法律で定められた金額を請求しなければならないことになっているのですが、犬が病院を受診した場合には法律で定められた金額はありません。逆に独占禁止法という法律により、獣医師の団体などで料金を設定したり獣医師どうしで料金を決めたりすることは禁止されているのです。そのため、動物病院ごとに自由に診療費を設定することになり、当然犬の入院費もそれぞれの病院で違う金額に設定されるということになってくるのです。

また、人には医療保険があるため病院受診の際は2〜3割程度の負担ですみますが、犬の場合、任意でペット保険をかけている場合を除いては保険がありません。そのために、犬の入院費も高くなってしまうのです。

犬の入院費を事前に知る方法

病気ごとの犬の入院費の相場についてお伝えしてきましたが、実際に入院するとなると病状や入院期間によっても入院費は大きく変わってきます。犬が急に入院しなければならなくなった場合、退院までの間に入院費を準備しなければなりませんが、その場合どれくらい準備すればいいのでしょうか。

犬の入院費を知るには、動物病院で確認するのが一番確実な方法です。入院中に急に犬の病状が変わり、手術や検査の内容が変更になる場合も考えられるため、確定した金額を知ることは不可能ですが、入院時点で考えられるおおよその入院費を教えてもらうことは可能です。

入院時に確認しなかったために後でトラブルが発生するケースもありますので、入院時には今後の方針も含めて犬の入院費を確認しておきましょう。

犬の入院費の支払い方法

犬の入院費は高額になることがお分かりいただけたと思いますが、犬が入院しなければならなくなった時に、どのようにして入院費を支払っているのでしょうか。

ペット保険に加入しておく

最近はペット保険会社も増えており、保険料や補償内容などさまざまな面から保険会社を選ぶことができるようになってきました。万が一のことを考えるとペット保険に加入しておくのもひとつの方法といえるでしょう。毎月決まった保険料をかけることで、入院や手術、通院時の費用を補ってくれます。

あらかじめ貯金をしておく

病気になるかどうかも分からないのに、ペット保険に加入するのはもったいない!と考える方も多いでしょう。その場合は、ペット保険に入ったつもりで貯金をしておくというのもひとつの手です。ペット保険は掛け捨てですが、自分で貯金した場合は必要なければ自分の手元に残ります。ただし、犬の入院費が大きくなった場合を予想してある程度の金額をためておく必要があるでしょう。

分割で支払う

動物病院によって分割の支払いが可能かどうかはさまざまですので、入院時に分割払いが可能かどうか確認する必要があります。

犬の入院費に関するまとめ

昨今の医療技術の進歩により、愛犬が病気になっても入院治療を行うことで元気になる確率は高くなっています。急な入院時に冷静に今後の治療方針を相談するためにも、犬の入院費に関しての知識を蓄えておいて損はありません。退院時に請求書を見て慌てることのないよう、入院時に入院費を確認したり、万が一のための対策を講じたりしておくことが、愛犬と不安のない生活を送るためにも大切になってくることでしょう。