【臭みなし】塩焼きを絶品に仕上げる「魚の切り身」の便利ワザ

写真拡大 (全4枚)

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

財布に優しく、使いやすい切り身の魚。今回は、そんな切り身魚を美味しくいただく超簡単ながら効果抜群の裏ワザをお届けします。これを読んだら、魚料理が食べたくなることウケアイ!

切り身を使ったスゴ技いろいろ♪


9月19日放映の「あさイチ」(NHK)の特集は、生活に役立つ「スゴ技と知恵」をクイズ形式で紹介する「スゴ技Q」でした。今回のテーマは、「切り身」。切り身を揚げてバンズに挟んだフィッシュバーガー、スピード煮つけなど、いろいろなスゴ技が紹介されましたが、今回は、この時期スーパーでよく見かける「鮭の切り身」の味をランクアップするプチテクをご紹介します。

たった3秒でOKの臭みを取る裏ワザ


サケの切り身と言えば、塩焼き。シンプルに焼いただけなのに、とっても美味しいですよね。でも、中には魚の臭みが苦手という人も。

そこで、元漁師で水産省職員のウエカツこと、上田勝彦さんに、魚の臭みをとって塩焼きを美味しくする秘訣を教えてもらいました。

たった3秒で魚の臭みを取る秘訣は、「流水」で洗うこと!洗った後はキッチンペーパーでしっかり水気を取ることもポイントです。

魚の臭みのもとになっているのは、「トリメチルアミン」という物質。この物質は水に溶けるので、3秒間流水で洗い流すだけで臭みがとれるんです。なお、3秒以上洗ってしまうと水っぽくなってしまうのでご注意くださいね。

絶品塩焼きの作り方に注目!


臭みがとれたら、お次は極上の味に仕上げる、塩のあて方をご紹介します。ウエカツ流は「二段塩」。まずは1度目の塩は、少し濡らした手に粗塩をとり、切り身全体に馴染ませます。5分置いたら、2度目の塩。指先に軽く塩をつけ、はじくようにまんべんなくつけるのがコツなんだそう。

2度に分けることでしっかり塩が染み込み、身の保水性がアップ♪焼いたときにパサつかず、しっとりした食感になるのだとか。

最後はいよいよ焼きますよ。大事なのは、「1・7・2」の法則。まずは油を引いたフライパンで、中火で皮目を10秒焼きます。1割焼いたら裏返し、身のほうを7割焼きます。横からのぞいて7割ほど焼けたら、再び裏返し、残りの2割を焼きます。最後に皮目をパリッとさせたら完成!

クックパッドにも、魚の臭みを取るテクや、美味しく焼くために参考になりそうなレシピがありましたよ。

みりんとお酒を塗って焼くだけ


簡単に美味しくできる魚の塩焼き☆サバ編

by きょーちゃん☆☆

【2017.4.話題のレシピ】失敗しない焼き魚です。臭みもなく、ふんわり、ジューシーに焼きあがります。魚嫌いの夫も完食。

ローズマリーで臭みをオフ


お手軽!塩サバの香草焼き

by ふわふわふわふわ

ちょっと変わったサバの塩焼き。ローズマリーの香りで、生臭み皆無です!ワインにもあいますよ♪

最後は強火でパリッと仕上げて!


美味しい塩サバの焼き方☆

by 我が家のレシピ帳

外パリッ中ジュワッ!
皮まで食べれる美味しい焼き方です

ヘタをするとパサつきがちな鮭の塩焼きですが、ご紹介したワザを使えば同じ切り身?と驚くほど、絶品に仕上がりますよ。ぜひこの美味しさを、味わってみてください。(TEXT:森智子)