15日、ノーベル賞のパロディー版である「イグノーベル賞」の今年の受賞者に韓国人が選ばれたと韓国・聯合ニュースが報じ、ネットで大きな反響が集まっている。写真は韓国の飲食店にあるコーヒーマシーン。

写真拡大

2017年9月15日、ノーベル賞のパロディー版である「イグノーベル賞」の今年の受賞者に韓国人が選ばれたと韓国・聯合ニュースが報じ、ネットで大きな反響が集まっている。

同賞を企画運営するサイエンス・ユーモア雑誌「風変わりな研究の年報(Annals of Improbable Research)」は14日(現地時間)、米ハーバード大で今年のイグノーベル賞授賞式を開催した。

今年は、コーヒーカップを持って歩く際にコーヒーがこぼれる現象について研究した米バージニア大在学中のハン・ジウォン氏が、流体力学部門で賞を獲得した。ハン氏は韓国の進学校在学時代に、コーヒーを使って波打つ液体の動きを研究し15ページの論文をまとめていた。

ハン氏の実験によると、コーヒーが入ったワイングラスで4ヘルツ相当の振動が発生した時には表面に穏やかな波が生じるのみだったが、円筒形のマグカップのような容器では液体がカップの外に跳ね出し、最終的にこぼれ出てしまったという。しかしカップの上部を手で握って歩けば共鳴振動数が低くなり、コーヒーをこぼさずに歩けることが分かった。

ハン氏は授賞式で、「今回の研究を通じて重要な教訓を学んだが、研究はあなたが何歳なのか、あるいはいかに賢いかが重要なのではなく、どれだけ多くのコーヒーを飲むことができるかの問題」とし、「コーヒーを十分に飲んで、少し運が悪ければ、あなたはボストンにいること(イグノーベル賞を受賞すること)になる」とジョークを交えて語った。

日本の研究グループも虫の生殖器の研究で今年のイグノーベル賞生物学部門を受賞している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「面白いコメントを言うね」「受賞の言葉、センスある」「面白いやつだな」「頭もいいし、ウィットに富んだ人だ」「とにかくおめでとう」「価値のある賞だと思う」「天才だ!」など今回の受賞を称賛する声や、「(2010年に)ノーベル物理学賞を受賞したアンドレ・ガイム博士もイグノーベル賞を受賞している。イグノーベル賞だからと軽んじることはない」と、受賞の重要性に言及する意見が寄せられた。

また、「これからはコーヒーカップの上を持って歩いて、振動数を減らさなければならないな」と、研究の成果をさっそく実生活に生かそうとする人もいた。(翻訳・編集/三田)