【ミスショット激減】このホッチキスは自腹でも買うべきです

写真拡大 (全17枚)

アナログな形状ながら、一般家庭はもちろん、オフィスでも無くてはならない「ホッチキス」。文房具好きにはステープラーという呼称で親しまれています。そんなステープラーも進化をとげ、機能性とコンパクトさを両立したモデルが販売されるようになりました。今回はその中から厳選した6モデルを紹介したいと思います。


小型化と使いやすさを両立した
ステープラーが主流です


書類が飛び交うビジネスの現場に欠かせないステープラー。他の文具と同様、持ち運びがしやすいようにコンパクト化、軽量化が進んできました。小さくなった分だけ使いにくい、という場合も多かったものの、最近はそんなユーザーの不満を解消するものが続々と登場しています。

そこで編集部がステープラーを徹底的に使って検証。以降では、高評価を得た6モデルを紹介します。


最大28枚を一発で綴じる
使用感抜群のステープラー


編集部で一番使いやすかったとの評価を得たのは、マックスの「サクリフラット」。コンパクトサイズながら最大28枚の紙を綴じることができるスグレモノです。綴じたあとの針足もフラットで、針の装着も簡単です。人差し指が当たる部分に凹みを設けるなど、細かな部分まで使いやすさを追求しています。



マックス
サクリフラット
購入価格 : 528円
サイズ:H66xW28xL83弌―鼎101g (針200本装着時)
6色展開(ネイビーブルー・ホワイト・ライトグリーン・イエロー・ピンク・ライトブルー)

※32枚綴じが可能な最新モデルも販売中です



フラットクリンチにより、綴じた針の裏面は凸凹か少ないので、引っかかって外れにくいのが特徴です。



サイドから覗くと、芯の残り数が一目でわかる仕様や、



予備針を入れられる予備ポケットが超実用的です。いざという時に大助かりです。


重さわずか50gの超コンパクト
携帯性に優れたステープラー


つぎに、50gという驚きの軽さで高評価だったのが、プラスの「フラットホッチキス ピタヒット」。重さをほとんど感じないので、ペンケースになどに入れて気軽に持ち運ぶことができます。



プラス
フラットホッチキス
ピタヒット
購入価格 : 382円
サイズ・質量:W96×D25×H48弌50g
5色展開(ブルー・レッド・ホワイト・グリーン・ピンク)



綴じ目でフラットになるのもポイント。書類を積んでもかさばり率が従来の30%減と省スペースになります。



コンパクトながら、たっぷり100本針の装填が可能で、大量に綴じる時に便利です。


ペンケースに入るスリム設計
スポット収納可能で超実用的


スティック型という今までにない形状がユニーク。操作も簡単で、コピー用紙なら10枚程度まで綴じられます。なお、芯の補填は50本まで可能です。



サンスター文具
スティッキールステープラー
購入価格 : 648円
サイズ・質量:W18×H114×D20弌22g
4色展開(ブラック・ホワイト・ネイビーブルー・ショッキングピンク)



持ち手の部分には、予備針やクリップなどを入れられる収納ケースが付いているのが特徴。大変便利な仕様です。



細くて軽いのでペンケースなどに収納して持ち運びできます。


折りたたみ20mmの極薄サイズ
持ち運びに最強のステープラー


既に紹介しましたマックスから販売されている「カラーギミック」はさらなるコンパクトさを追求しています。折りたたみ時はなんと、高さ20ミリ。ペンケースやポーチに入れてもまったく問題ないので、まさに携帯型のステープラーと言えます。



マックス
カラーギミック
実勢価格 : 470円
サイズ・質量:H20×W29×D67弌28g
3色展開(ライトブルー・ピンク・ライトグリーン)



コンパクトにたため、ペンケースやポーチに収納できるので、持ち運び専用として使うのもアリです。


小型ながら40枚綴じの
実力派ステープラー


同じくマックスの「バイモ11 ポリゴ」は軽い力で最大紙40枚まで綴じられる性能が自慢。専用芯が必要ですが、ステープラーのトップメーカーとしての矜持がうかがえます。



マックス
バイモ11 ポリゴ
購入価格 : 806円
サイズ・質量:H71xW28xL98弌135g
4色展開(ブルー・ブラック・ライトグリーン・ピンク)



厚みがあっても軽い力で綴じることが可能です。



2枚から40枚まで、針を変えずに綴じられます。


穴を開けずに紙を綴じる
針なしのエコステープラー


針を使わず、プレスすることで紙を綴じるステープラー。針やクリップなしに綴じられるので綴じ部がスマート。クリアホルダーなどにスムーズに収納できます。

1度に綴じられる枚数が5枚と少なめですが、針なしなので、書類は綴じたままシュレッダーにかけることができるエコ設計です。



コクヨ
ハリナックスプレス
購入価格 : 606円
サイズ:W34×H85×D95
4色展開(青・緑・ピンク・白)


綴じ方は、凹凸を圧着するプレスロック式を採用しています。閉じ部をこするだけで、紙をキレイなまま外すことができるのが便利です。針が無い分、他の閉じ方と比べて厚みが60%ダウン。フラットクリンチタイプよりも省スペースです。

以上、ステープラー6モデルの紹介でした。1日に大量の書類を扱う場合、少しの力で一度にたくさん綴じることができるステープラーがあれば、事務作業がより快適になること間違いなしです。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。