1回戦で第4シードのクレパーチ/マルチネス サンチェスに0-6 3-6で敗れた青山修子/ザオシャン

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、青山修子(近藤乳業)/ヤン・ザオシャン(中国)は第4シードのアンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)に0-6 3-6で敗れた。試合時間は57分。

 今年2月にクアラルンプール(WTAインターナショナル/ハードコート)で初めてペアを組んだ青山とヤンは、今回で11大会目のダブルス出場。前週のジャパンウイメンズオープン(WTAインターナショナル/ハードコート)では、同ペアでのWTAツアー初優勝を飾ったばかりだった。

 ふたりはシングルスの予選に出場していたが、ともに2回戦で敗退。青山が第4シードのヤナ・セペロバ(スロバキア)に6-3 2-6 4-6で、ヤンはダニエル・コリンズ(アメリカ)に4-6 4-6で敗れていた。

 クレパーチ/マルチネス サンチェスは準々決勝で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)と対戦する。穂積/加藤は1回戦で、ニコール・メリチャー(アメリカ)/アンナ・スミス(イギリス)を6-4 6-1で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式