第69回エミー賞主要5部門受賞 エリザベス・モス主演『The Handmaid’s Tale』Hulu配信決定

写真拡大

 第69回エミー賞でドラマ部門の作品賞を含む主要5部門を受賞した『The Handmaid’s Tale(原題)』が、2018年にHuluで独占配信されることが決定した。

参考:続きが気になってやめられない! 女性たちの戦い描くトルコドラマ『オスマン帝国外伝』の中毒性

 本作は、1990年にはフォルカー・シュレンドルフ監督によって映画化もされた、カナダ文学界の巨匠マーガレット・アトウッドのディストピア小説が原作のドラマシリーズ。環境汚染により少子化問題が深刻化し、富裕層以外の健康な女性は子作りのために侍女として上位階級の司令官に仕えることが決められている宗教主義国ギレアド共和国を舞台に、侍女として仕えるオブフレッドの人生を描き出す。

 『マッドメン』『トップ・オブ・ザ・レイク』のエリザベス・モスが主人公・オブフレッドを演じるほか、『白い闇の女』のイヴォンヌ・ストラホフスキー、『恋におちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズ、『旅するジーンズと16歳の夏』のアレクシス・ブレデルらが出演している。

 現地時間9月17日に発表された第69回エミー賞では、ドラマ部門の作品賞、主演女優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞に輝いた。(リアルサウンド編集部)