JAFCA 「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」発表

写真拡大

 (一社)日本流行色協会(JAFCA)は、いまのシニア世代の志向にあった「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」を、2017年9月18日の敬老の日に合わせ発表した。

 JAFCAでは、1953年の設立以来、あらゆる商品分野に向けたカラーの先行情報の選定と提案を行って来たが、さまざまなトレンドカラーの選定を中心とした活動を行う中で、増大する高齢者に向けたカラーの指針が曖昧であるという問題意識から、2016年「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」(Senior Color Study Group)を発足。業界の垣根を越えた人たちが集まり活動する中で、先行きを見据えたシニア向けのカラーを選定することになったもので、このほど、2018-2019年に向けたカラーから、特に注目されるカラーグループを発表。今後も年に1回選定していくことになった。

 今回、カラーの選定にあたっては、(1)人としての尊厳をテーマにする、(2)気持を明るくし、肌の色もきれいにみせる色、(3)遊び心を開放する、心の束縛を解放する色、という3点を重視し、3つのグループを選定したが、その中のひとつ「遊 Travel」のグループのカラーには、遊び心を開放する、自分らしく遊ぶという意味が込められている。社会の中で責任をもって過ごしてきたシニア世代が、子供の頃に封印してしまった、人生を純粋に愉しむ心を再び思い出すための色として選定されており、一泊90万円以上する列車の旅が予約で一杯であるように、「旅」が市場を活性化する大きなキーワードであることから、この名がテーマに加えられた。

 「遊 Travel」には、住居関連向けの〈住〉と衣服向けの〈衣〉がある。〈住〉のカラーは、マゼンタやパープルといった、異国のインテリアや香りを感じさせる色で、華やいだ気分になれる空間を作る。また〈衣〉のカラーは、世界各国の手仕事による民族衣装に見られる色、太陽が燦々と降り注ぐ景色を想像させる色で構成。特にオレンジとイエローは、気持を明るくする色として注目されている。これらの色は、単色で用いても良く、カラーグループ内の色を多色ミックスで使用するのも効果的であるという。

 その他2つのカラーグループを含む全体像は、11月1日(水)のセミナーで発表される。詳細はJAFCAまで。