中国・成都の市場で、犬の声帯を切除するため違法な手術を行う男。Imaginechina提供(2017年9月17日撮影)。(c)Imaginechina

写真拡大

【AFP=時事】中国南西部の四川省(Sichuan)成都(Chengdu)で、「うるさく」ほえる犬の声帯を切除して報酬を得ていたとして、地元当局が自称「獣医師」の男の取り調べを進めている。

 地元メディアが17日に公開した動画には、道路脇に置かれた机の上で、男がはさみを使って犬の声帯を切除する様子が捉えられている。5分間にわたる一連の作業では、麻酔をかけられた犬がひもを使って口を開かれていた。

 男の足元には血が飛び散っており、報道によると器具も使いまわされていたという。男は、犬の大きさによって50〜80元(約850〜1400円)を手術費用として請求していた。

 犬に対する声帯の切除は、組織を切り取ってほえ声を弱めることを目的とする外科手術として確立されているが、地元当局は声明で、この男は手術を行う資格を有していなかったと述べている。

 地元メディアの取材を受けた依頼主らは、犬がうるさいとして近所から苦情を受けたため、この「診療所」を訪れていたと話している。
【翻訳編集】AFPBB News