画像提供:マイナビニュース

写真拡大

福岡県大川市のスマート・アイは、家で楽しく遊べる本格的な「木のお店屋さん Marche」を販売している。同商品は天然木を使用し、木の温かみを感じられるだけでなく、子供が成長して遊ばなくなっても収納ラックとして使えるようデザインされ、玩具とインテリアがミックスされたユニークな商品となる。

同商品は、付属している2種類のチェック柄の布で屋根をオーニング風にデコレーションをするだけで、簡単にお店屋さんごっこの準備が完了。お絵描きやマグネットで遊べるブラックボードや、開閉可能の小窓がついているため、おうちで本格的にお店屋さんごっこが楽しめる。

ディスプレイ部分の二段のラックは、本物のお店のように傾斜をつけられ、商品が見やすい設計となっている。並べるものを変えるだけでどんなお店屋さんも演出可能。

ブラックボードは様々な用途で使用でき、チョークを使う黒板ではないので粉の心配もなく、書いたり消したりしやすい。マグネットを使用することもでき、写真やイラストも飾られる (ペンやマグネット等は付属していない)。また、ブラックボードの裏面は収納スペースとなる。

また子どもが使用することを考慮して、デザインと品質にもこだわった。尖った角には丸みをつけ、塗装は低ホルムアルデヒドの最上位規格であるF★★★★相当のものを使用し、国際標準規格認証取得工場で製造している。

カラーは、ナチュラルとホワイトの2色を用意。同社は、お店屋さんごっこで遊びながら学べるポイントとして、コミュニケーション能力、想像力、発想力、社会性、語彙力の5つを挙げており、遊び方のバリエーションが広いだけでなく、楽しむだけでなく学ぶことにもつながるとコメントしている。