トヨタのスポーツバージョンといえば「G’s=ジーズ」の通称でお馴染みの「G Sports」が浸透しつつありました。9月19日、トヨタはスポーツバージョンの「G Sports」を「GR」に改め、今後は「GR」シリーズに一新。車両ラインアップやパーツなどの新アイテムを充実させるとともに、走ることを通じてクルマを楽しむ文化を育てる取り組みを強化すると発表しました。

「GR」は、豊田章男社長が音頭を取ってきた「もっといいクルマづくり」のもと、レースの世界でも「もっといいクルマづくり」を目指す「GAZOO Racing Company」がニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)をはじめ、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛えることで得た知見やノウハウが注がれ、開発された新しいスポーツカーシリーズと定義づけています。

モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングが施された数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定。また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も用意され、走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する計画としています。

GR」シリーズの第一弾として、ヴィッツに「GR」と「GR SPORT」を、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアに「GR SPORT」を設定し、全国のトヨタ販売店を通じて9月19日に発売。また、今後ヴィッツに「GRMN」、86に「GR」、アクアとプリウスαに「GR SPORT」を追加し、ヴィッツGRMNは2018年春ごろ、86“GR”、アクア“GR SPORT”、プリウスα“GR SPORT”は今冬に発売する予定。

また、「GR」シリーズの投入により、スポーツカーやモータースポーツを軸に、幅広いオーナーにクルマの楽しさを広めることを狙いとしたTOYOTA GAZOO Racingの地域拠点「GR Garage(ジー・アール・ガレージ、以下GRガレージ)」を順次、立ち上げると発表。

同拠点では、「GRコンサルタント」と呼ばれる専任スタッフが配置され、地域のクルマファンが楽しめる活動を実施するなど、基準を満たした販売店と共に、2017年度中にGRガレージ39店舗をオープンさせる計画としています。

GRガレージは「町いちばんの楽しいクルマ屋さん」をコンセプトに、「クルマファンがまた来たくなる、ずっと居たくなるお店づくり」、「クルマファンに愛される人づくり(人財育成)」、「クルマファンがもっと走りたくなる場づくり」に取り組み、クルマを楽しむ文化を醸成していくそうです。なお、「GRガレージ」の展開により、これまで全国に展開されてきた「AREA86」については、2018年3月末までに全店が閉店されます。

「GR」シリーズは、モータースポーツでの「戦闘力」を最大限に引き出すための機能をダイレクトに表現され、主に下記の装備が用意されます。

<エクステリア>

走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリル(ヴィッツ、プリウスPHV、アクア)ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー(ヴィッツ“GR SPORT”を除く)専用エンブレム(全車 : 前後、サイド)

<インテリア>

専用スポーティシート(GRロゴ入り)ドアトリム、フロントシート等にスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチGR専用スタートスイッチ(HVはパワースイッチ)

なお、今回発表された「GR」シリーズの価格帯はヴィッツが2,303,640円〜2,329,560円。プリウスPHVが3,711,960円〜4,116,960円。ハリアーが3,398,760円〜3,996,000円。マークXが3,809,160円〜4,428,000円。ヴォクシー&ノアが3,257,280円です。

(塚田勝弘)

トヨタのスポーツバージョンを「GR」に一新! ヴィッツ、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー&ノアを投入(http://clicccar.com/2017/09/19/512665/)