NASA史上初、黒人女性が天賦の才能の片鱗見せる『ドリーム』本編映像 K・コスナーのコメントも

写真拡大

 9月29日に公開される映画『ドリーム』より、本編映像の一部が公開された。

動画はこちら

 本作は、第89回アカデミー賞で作品賞を含む3部門にノミネートされた人間ドラマ。宇宙開発史上の偉業を支え、新しい時代を切り開いた知られざる3人の女性の姿を描く。『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィが監督を務め、『Empire 成功の代償』のタラジ・P・ヘンソン、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のオクタヴィア・スペンサー、『ムーンライト』のジャネール・モネイとマハーシャラ・アリ、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』ケビン・コスナー、『スパイダーマン』のキルスティン・ダンストらが出演する。

 このたび公開されたのは、黒人女性としてNASA史上初の重要なポジションに大抜擢された主人公キャサリンが持つ、天賦の才能の片鱗が垣間見える本編映像。コスナー演じるNASA宇宙特別研究本部のボスであるハリソンが、新たな計算係の黒人女性キャサリンと出会うシーンが収録されている。黒人女性がそういった役職に就くことは想像すらし得なかった、有色人種差別がまだ色濃く残っていた1960年代を舞台に、周囲の職員が怪訝そうに見守る中、戸惑いつつ質問するハリソンに対して、キャサリンがズバズバと答えていく様子が映し出されている。

 この異例すぎる人事と対面することになるボスのハリソンを演じたコスナーは、その役柄について「我々が宇宙に行かなければならないという思いだけで、ハリソンは様々な人たちをひとつの目標に集中させる方法を考えださなければならなかったんだ。最高の頭脳をNASAに集め、うまくいくかどうか誰にも確信がない考えでも協力するということ。つまり彼に必要なのは、他の誰とも違う考え方ができる数学者だった。そこで、黒人の女性がそういう人だと分かったら、彼は驚くだろうか? 確かに、そういう瞬間が訪れるけれど、結局、ひとつの質問に行き着く。“あなたはこれができるか?”彼が知らなければならないのは、キャサリンが高度なレベルで実現できるかどうかということだけだ。それで、彼は自分が欲しい答えを手にするんだ」と、60年代当時にそんな決断を下す覚悟の大きさを感じながら演じていたことを明かしている。(リアルサウンド編集部)