合コンでもっとこの子と話したいと思わせるためにはどうしたらよいでしょうか?
必勝テクを紹介します。

話を聞いてくれる

話をたくさん聞いてあげることが合コンの必勝条件。
相づちを打ちながら、ユーモアを話したときは笑ってくれて、
真剣な話をしたら親身になって聞いてくれる存在は貴重です。
ときに質問をしてきてくれると、男性は自分に興味を示してくれていると思い、
さらにまた話したいという心理が働きます。

話を聞いてくれるというだけでなく、
このように温かな気づかいを感じられる女性は男性陣から人気があります。
料理を取り分けたり、ドリンクが無くなったときに注文を聞いてあげたりすると喜ばれるでしょう。

共通の話題でもりあがる

初対面の人とはどれだけ話を盛り上げきれるかどうかがポイント。
そういうときは共通の話題があると良いですね。

親近感がわきやすいのは、住んでいるところや、出身地域の話題。
そこでぐっと距離感が近くなると、お互い心を開きやすくなります。
しかし、そういった地域の共通点が無い場合は、共通の趣味を探りましょう。
例えば、お互いスポーツや音楽鑑賞が好きだということになれば、
好きな話題で盛り上がれるというのと同時に、
次にスポーツ観戦やコンサートなどに一緒に行く予定がとれるかもしれません。

仮に男性と趣味があまり合わなくても、その趣味について興味を示すと、男性は喜びます。
また話したいと思わせたいなら、その男性が好きな話題に持っていくことが大切です。

秘密を探りたくなる

謎めいた女性については、
もっとその人のことを知りたいという男性の気持ちが表れることがあります。
このときのコツは”チラ見せ”。
自分の全部を話そうとせずに、興味を惹きそうな具合に持ち込むのです。
いわゆる魔性の女のような存在。
ただし、これにはかなりのテクニックが必要となります。

例えを一つだけ出すと、住んでいるところを聞かれたときに、
住所やマンション名は伏せて部屋番号だけ教えるということ。
男性からしたら、何かしらの可能性を感じるかもしれません。
イニシャルトークをしたときにそれが誰か知りたいという心理にも近いです。

おわりに

合コンでの必勝テクをまとめると、男性に興味を示して話を惹きださせること。
自分と共通の趣味があればなお良いです。
そして、逆に自分のことについては、全てをひけらかさず、何かしらの含みを持たせること。
ぜひ実践してみてください。

(愛カツ編集部)