ワトフォード戦で爆発したアグエロは、放ったシュートの8本中4本を枠内に飛ばし、見事にハットトリックを達成した。 (C)Getty Images

写真拡大

  9月16〜17日に開催されたプレミアリーグ5節の主なスタッツをまとめて紹介する。

 攻撃関連のスタッツでは、ワトフォードに6-0で圧勝したマンチェスター・シティ勢から2人が最優秀選手に。ハットトリックを果たしたセルヒオ・アグエロが「シュート数」、敵DFを何度も翻弄したラヒーム・スターリングが「ドリブル成功」の項目でトップに輝いた。
 
 一方、守備関連はトッテナムの猛攻を無失点で凌ぎ切り、スコアレスドローに持ち込んだスウォンジーの2人が主役に。CBのフェデリコ・フェルナンデスが「クリア」、守護神ウカシュ・ファビアンスキが「シュートセーブ」でそれぞれ際立った数字を残している。
 
 格下のバーンリーが相手だったとはいえ、右サイドバックとしては驚異的な7本のキーパスを通したリバプールの若手逸材、トレント・アレクサンダー=アーノルドも称賛に値する。
 
【プレミアリーグ5節のスタッツリーダー】
■シュート数
最優秀選手
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/FW)
記録:8本 vs ワトフォード
 
■ドリブル成功
最優秀選手
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/FW)
記録:7回 vs ワトフォード
 
■パス総数
最優秀選手
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/DF)
記録/130本 vs スウォンジー
 
■キーパス(シュートに繋がったパス)
最優秀選手
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/DF)
記録:7本 vs バーンリー
 
■タックル成功
最優秀選手
アジョセ・ペレス(ニューカッスル/FW)
記録:7回 vs ストーク
 
■インターセプト
最優秀選手
ダビド・ルイス(チェルシー/DF)
記録:6回 vs アーセナル
 
■空中戦勝利
最優秀選手
クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/FW)
記録:9回 vs サウサンプトン
 
■クリア
最優秀選手
フェデリコ・フェルナンデス(スウォンジー/DF)
記録:18回 vs トッテナム
 
■セーブ
最優秀選手
ウカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー/GK)
記録:8回 vs トッテナム