ピリ辛ソース付きでビビンバ風

写真拡大

RIZAP(ライザップ)とファミリーマートは、「RIZAP ビビンバ風サラダ」など、秋の新作コラボ商品6品を2017年9月19日から順次発売する。

クリームパスタやショコラケーキも糖質をカット

同2社のコラボ商品は16年11月の発売以来、幅広い年代から支持されているという。食べ過ぎがちな「食欲の秋」に向けて、おいしさと満腹感を得られながら糖質コントロールもできる、パスタやカップ麺、スイーツ等が登場する。

「RIZAP ビビンバ風サラダ」(368円)は、鶏むね肉に大豆ミートをプラスし、錦糸玉子、ニンジン、レタスなどを合わせた。糖質は6.6〜6.9グラム。

「同 たっぷりクリームプリン」(258円)は、17年3月に発売し、2か月で60万個以上販売したという人気商品。さらに美味しさをアップして再登場する。糖質は10.4グラム。

北海道純生クリームを使用した「同 カスタードプリン」(170円)は、発売中の商品「くちどけ贅沢プリン」と比較し、糖質を30%カットしたという。糖質は7.0グラム。

「同 割チョコビターショコラケーキ」(189円)は3層仕立てのショコラケーキ。パリッとしたチョコと柔らかいスフレ、プリンの食感を一度に楽しめる。糖質9.6グラム。

じっくりとソテーしたきのこの旨みが広がる「きのこクリームの生パスタ」(410円)は、一般的なパスタと比較し、糖質量を52.8%抑えた麺を採用した。糖質21.7グラム。

カップめん「濃厚味噌ラーメン」(268円)は食物繊維入りのノンフライ麺を使用し、糖質量を一般的なカップラーメンの50%以下に抑えたという。糖質22.3グラム。

価格はいずれも税込。