18日(米東部時間)、国連総会出席のため米ニューヨークを訪れている韓国の文在寅大統領が、国連のグテレス事務総長との会談に遅刻するハプニングがあった。写真はニューヨーク。

写真拡大

2017年9月18日(米東部時間)、国連総会出席のため米ニューヨークを訪れている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、国連のグテレス事務総長との会談に遅刻するハプニングがあった。普段から激しい交通渋滞で知られるニューヨーク中心部だが、国連総会に出席する各国首脳が一度に来訪したことから路上が「駐車場状態」になり、予定時刻に間に合わなかったという。

韓国大統領府によると、文大統領は18日のニューヨーク到着後、最初の日程として午後5時20分からグテレス氏との会談が予定されていた。しかし、現地警察のエスコートを受けながらも文氏を乗せた車は渋滞にはまり、グテレス氏と会えたのは予定より18分遅れの午後5時38分だった。

グテレス氏との会談後には在米韓国人らとの懇談会が予定されていたが、この会場に向かう道中も激しい渋滞、文氏はとうとう車を降り徒歩で移動することになった。ニューヨークの街を3ブロックほど歩く間、在米韓国人たちが文氏の元に集まり、握手をしたり、あいさつを交わしたりする場面もあった。

大統領府は同日の様子について「約120カ国の首脳が集まったニューヨークの交通渋滞のおかげで、文大統領は3ブロックを歩いて移動した」とフェイスブックに投稿、「随行員もまたニューヨークの街を無我夢中で走った午後だった」とつづった。

韓国外交部関係者によると、徒歩移動を強いられたのは文氏だけではなく、フランスのマクロン大統領も、国連本部でのスケジュールを終え次の会場に移動する途中で車を降り歩いたという。

韓国では複数のメディアがこれを報じているが、ネットユーザーの多くは文氏の「歩く姿」に感心しているようだ。コメント欄には「さすが行動する大統領、文在寅。愛してます」「自ら行動で示すすてきな大統領。最後まで応援します」といった声が多数上がったほか、「歩いてもいいけど大統領の安全はきちんと守って」「そんなことは絶対にないだろうけど…海外では気を付けてね」「米国は銃社会なのに…」とその身を案じるコメントが並ぶ。

また、「わが大統領を歩かせるなんて、米国は後進国だ」「米国に無視されたってこと?」「米国ではわが大統領へのもてなしがその程度なのか?国家元首に対する警護がそんなんでいいのか?」と米国を非難する声も。

さらには「韓国なら、一般車両の通行は全面禁止にするだろうけどね」「朴槿恵(パク・クネ前大統領)なら約束に遅れようがどうだろうが絶対に車から降りなかったはず」など、韓国と米国、前大統領と文氏を比較するコメントも目立った。(翻訳・編集/吉金)