DAIGO「見せたいのは“BD”」木村多江との共演に意気込み

写真拡大

ミュージシャンでタレントのDAIGOが、木村多江が民放の連続ドラマで初主演を務める読売テレビ・日本テレビ系の木曜ドラマ『ブラックリベンジ』(10月5日スタート、毎週木曜23:59〜)に出演決定。情報屋の城田純一を演じることがわかった。

本作は、昨今、最も世間を騒がせている週刊誌の世界を舞台に、かつて夫をスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者・沙織(木村)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。スキャンダルに執念を燃やす沙織には、ある目的があった。将来有望な政治家だった彼女の夫は、身に覚えのないスキャンダルをでっち上げられ、それを苦に自殺してしまった。その事実を知った沙織は、スキャンダルによる復讐を決意。沙織は大胆にして情け容赦ないやり方で、夫のスキャンダルをねつ造した人物たちが隠す黒い秘密を暴いていく。不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、現在、世間を騒がせているスキャンダルのエッセンスを取り入れ、生々しくゲスな人間の本性が赤裸々に描き出される。元週刊文春のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎氏が監修を務め、スキャンダルの裏側をリアルに描写。劇中では、スクープ獲得のために記者が駆使する驚くべきテクニックも披露される。

DAIGOが演じる城田は、沙織の上司である週刊誌編集部デスク・天満(平山浩行)に雇われ、沙織の身辺を探る腕利きの情報屋。出演決定を受け、「僕にとって 30代最後の作品になるかもしれないので、気合い入ってます。共演者やスタッフのみなさんに力をお借りして、全力で取り組んでいきたいと思っています。今回見せたいのはまさに“BD”。ブラックDAIGO。ブラックな役なので、どれだけブラックな存在になれるか。一日も早く、城田という役を演じるのではなく、感じたいです」とお馴染みの“DAI語”を交えて意気込む。続けて、「今回の役では、僕が普段使わないとあるアイテムを使うことになったので、とても楽しみです。皆さんもぜひ楽しみにしていてください」とアピール。

また、作品については「“リベンジ”という言葉は、使い方によって良いイメージにもなるし、悪いイメージにもなる言葉。『ブラックリベンジ』はとてつもなく深い闇を感じる“リベンジ”だと思います。今作は、この現代に一石を投じる作品になるのではないでしょうか」と印象を明かし、「木村多江さんとの共演は、とても光栄なことです。以前、多江さんが出演されていたドラマに僕も出たのですが、一緒のシーンがなかったのが悔しかったので、今作でリベンジできます!」と力強く語った。

沙織の正体に迫り、彼女を脅かす不気味な存在となる城田を、DAIGOはどのように演じるのか、注目が集まりそうだ。