ペットの食にも意識が高まる

写真拡大

イオンは、「トップバリュ 添加物に配慮したペットフード」シリーズ合計13品目を、2017年9月19日に全国のイオン、イオンスタイルなどで発売する。

アンケート結果を反映

近年は、ペットも家族の一員であるという認識が定着してきており、家族の食事が気になるのと同様に、ペットの食べ物に対しても「添加物のないものが欲しい」というニーズが高まっているという。同社では、犬や猫のフードを買う際に気にしている成分・添加物のアンケートを実施し、愛犬・愛猫に安心して与えられる商品を開発。国内プライベートブランドでは初だという、5種類の添加物(合成保存料、合成着色料、発色剤、酸化防止剤、プロピレングリコール)不使用を実現した。原料の配合割合や製造方法を工夫し、肉や魚の味を最大限に引き出した。国内の工場で製造している。

ラインアップは、一般成犬用「野菜と鶏ささみ」「同 レバー入り」「同 リゾットタイプ」、一般成猫用「まぐろ」「同 チキン入り」「同 しらす入り」(各95円)、犬用スナック「ビーフチップス」(429円)など7種。

価格はいずれも税込。