J2リーグ・33節
9月16日/18:03/フクダ電子アリーナ/7,334人
千葉 2-1 水戸
前半 1-0
後半 1-1
得点者/千葉=矢田(42分)、為田(50分) 水戸=前田(70分)
 
【採点理由】
選手たちの良い距離感が光り、攻守に主導権を握った千葉は、為田の仕掛けから矢田が先制ゴールをマーク。さらに8分後には為田が追加点を決めた。その後、千葉は清武のバックパスを奪われて失点したが、逃げ切って6試合ぶりの勝利を手にした。
 
【チーム採点】
千葉 6
水戸 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
為田大貴(千葉)
 
【千葉|選手採点】
GK
40 ルイス・オヘーダ 5.5
 
DF
30 溝渕雄志 6
3 近藤直也 5.5
37 キム・ボムヨン 5.5
28 乾 貴哉 5.5

MF
15 熊谷アンドリュー 6(70分OUT)
10 町田也真人 6 
18 矢田 旭 6.5 
13 為田大貴 6.5 

FW
8 清武功暉 5.5(81分OUT)
9 ラリベイ 6(75分OUT) 

交代出場
DF
5 多々良敦斗  6(70分IN)

FW
50 指宿洋史 6(75分IN)

DF
17 大久保裕樹 ―(81分IN)
  
監督
フアン・エスナイデル 6.5

【水戸|選手採点】
GK
21 笠原昂史 6
 
DF
2 田向泰輝 5(85分OUT)
24 細川淳矢 5.5
33 福井諒司 5.5
 
MF
10 佐藤和弘 5.5(74分OUT)
11 橋本晃司 5.5
14 佐藤 祥 5.5
17 湯澤洋介 6
26 前田幹敏 6
 
FW
38 前田大然 6 
9 齋藤恵太 5.5(62分OUT) 
 
交代出場
FW
8 林 陵平 6(62分IN)
 
MF
25 浜崎拓磨 5.5(74分IN)
 
MF
18 白井永地 ―(85分IN)
 
監督
西ヶ谷隆之 5.5
 
 
取材・文:赤沼圭子(フリーライター)