レアル英雄FWがベイルを酷評 「私がクラブにいたら、躊躇なく彼を売る」

写真拡大

90年代後半に活躍したミヤトビッチ氏 「ベイルは上手く適応できていない」

 かつてレアル・マドリード攻撃陣の一翼を担い、引退後はスポーツディレクターも務めた元ユーゴスラビア代表FWプレドラグ・ミヤトビッチ氏が、スペインのラジオ局「カデナ・セール」に出演し、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルを酷評している。

 ミヤトビッチ氏は、かつてレアルでエースとして活躍した。1997-98シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝のユベントス戦(1-0)では、レアルを32年ぶりの欧州王者に導くゴールを決めた。2003年に現役を引退した後は、06年にラモン・カルデロン新会長の就任と同時にレアルのスポーツディレクターに就任し、09年まで同職を務めた。

 そのミヤトビッチ氏は、現在のベイルのプレーに納得がいっていない模様だ。

「どのような問題があるのかは分からないところが多いが、ベイルはレアルに上手く適応できていないようにしか見えない。クラブ内部のことはなんとも言えないが、もし私がクラブにいたならば、躊躇なく彼を売るだろう」

ソシエダ戦で今季2点目を決めたが…

 すでに8年前に退職しているミヤトビッチ氏だが、そのポストでの仕事が続いていればベイルは完全な売却対象であると酷評している。ベイルは17日のレアル・ソシエダ戦でリーグ戦での今季2点目を決めているが、近年は負傷離脱する期間も長い。

 今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドなど、イングランド・プレミアリーグへの放出が取り沙汰されたが、レアルOBからも大きなプレッシャーをかけられているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images