飲酒運転で逮捕のルーニーが猛省 「完全な過ち」「判断力の欠如を謝罪したい」

写真拡大

自身の公式サイトで謝罪文を発表

 エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、9月1日の深夜に飲酒運転の容疑で逮捕された。

 そして古巣マンチェスター・ユナイテッドとの試合を終えた翌日の18日に、ストックポート治安判事裁判所に出廷。2年間の運転禁止と今後1年間で計100時間の社会奉仕活動を行うことになったルーニーは、ファンに対する謝罪文を発表。「判断力の欠如を謝罪したい」「完全な過ち」と猛省している。

 今季マンチェスター・ユナイテッドからエバートンに凱旋した男は、リーグ開幕5試合2得点と好調さをアピール。だが、英雄にはプライベートで落とし穴が待っていた。9月1日未明に飲酒運転の容疑で逮捕。英メディアによれば、呼気100ml中のアルコール濃度が法的限界値(100ml中35mg)を大きく越える104mgが検出されたという。

 そして、裁判所から2年間の運転禁止と今後1年間で計100時間の社会奉仕活動という処分が下された男は、自身の公式サイトで謝罪文を発表した。

「今日の法定審問を終えて、私は公に向けて法定限界値を超えた状況でドライブをしてしまった判断力の欠如を謝罪したいと思います。完全な過ちでした。私はすでに家族、マネジャー、チェアマン、そしてエバートンFCのすべての人に謝罪しています。ここでファンと私のキャリアで支えてくれた、すべての皆さんに謝罪したい。もちろん、私は法廷からの処分を受け入れました。自分の社会奉仕活動を通じて、埋め合わせができればと願っております」

 猛省するルーニーは、社会的な信頼回復に努めることを誓っていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images