あなたは都合のいい女性に成り下がってしまった経験はありますか?

男性経験が少ないうちは、変な男性に引っかかる経験は少ないかもしれません。
でも、世の中にはあなたの気持ちを利用して、セカンド彼女としてキープたり、
セフレとして関係を持とうとしている悪い男性がたくさんいます。

もし今のあなたがこうした悪い男性に引っかかっているなら、
悪い男性を呼び込んでしまうほど隙があるからかもしれません。
今回はそんな都合のいい女性になってしまう理由について詳しく迫ってみました。

好意を見せつけ過ぎている

好きな人ができると自分の気持ちを抑えられず、
つい相手に好意があることを見せ過ぎてしまう女性は多いのでは?
脈がないと思った時点で、すんなりと身を引ければいいのですが、
恋愛経験に慣れていないと彼一直線になってしまうこともありますよね。

ただ男性には狩猟本能があり、あからさまに好意を見せつける相手には興味が向きづらいのです。
誠実な男性であればあなたの気持ちに真摯に向き合うでしょうが、
悪い男性は相手の感情を利用しようとします。

そもそも恋愛は出会って異性として距離を縮める間は、
自分の気持ちをどうやって見せようか、という駆け引きをしますよね。
相手に都合のいい扱いをされないためにはあからさまな行為は避け、
アプローチのチャンスがあるまで様子見をするのが賢明かもしれません。

自分の意志をはっきりと示せない

断れない性格を気にしている女子はいませんか?
特に恋愛経験が少ないうちは、男性から誘われても嫌と言いづらく、
相手の雰囲気に流されるがまま……ということもあるかもしれません。

でも、自分の意志をハッキリと言えない女性は、
男性にいいように扱われてしまう危険がかなり高めです。

それこそ断ることをしないと「アイツは俺のいうことを大抵聞いてくれる」と捉えられてしまい、
知らず知らず格下に見られてしまう恐れも……。
相手を都合のいい女性に見ている男性ほど、相手を格下に見ているものです。

本当にあなたのことを想っている男性なら、
例え誘いを断ってもあなたのことを気遣ってくれるもの。
「好きな人だから」と自分の気持ちを我慢すればするほど、
相手はどんどんと付け上がっていくだけです。

手に入りやすいと思われている

男性が都合のいい女性として扱う相手には、いくつかの条件があります。
まず自分のいう事を聞いてくれること。
これは自分に好意があるからこそ、自分のいう事を聞いてくれるという自信が男性にはあるため、
セフレやセカンド彼女として扱いやすいのです。

もうひとつは自分の手の届きそうな女性であること。
あまりに美人だったり、性格があまりに悪かったり、
自分の条件に比べて手が届きにくそうな相手は、都合のいい女性として扱いづらいからです。

ですので、彼と相性がいいからといって気を許してしまうと、
実は格好の餌食になってしまっているだけかも……?

彼がきちんと自分の気持ちと向き合ってくれているのか。
それはLINEのメッセージ、対面時でも一目瞭然ですので、
自分の気持ちを騙してまで彼に付き合ってあげる必要はありませんよ。

都合のいい女に成り下がらない

いかがでしたか。

賢い女性であれば、例え恋愛経験が少なくても「ちょっとおかしいな」と感じるはずです。

その時、大事なのは自分の気持ちをハッキリと口に出して、
彼の気持ちをしっかりと見極められるかどうかです。
相手の男性に「コイツは扱いづらいな」と感じさせられれば、
結果的に都合のいい女性に見られることはなくなるでしょう。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)