マチュピチュ(ペルー)

写真拡大

2017年7月に新たに「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)が加わったことで、日本国内には21の世界遺産がある。世界に目を向けると、167か国1073件の世界遺産が登録されている(2017年7月時点)。

数ある世界遺産のなかで、人気のある世界遺産はどこなのか。

オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」は、2017年9月14日、「世界遺産」に関するアンケート調査結果を発表した。

アンケートの対象は10代〜70代の男女1442人。調査の結果、日本および海外の世界遺産の人気ランキングが明らかになった。

西日本の文化遺産が人気!

まずは日本国内に限って、「オススメの世界遺産」を聞いた。すると上位5位は、1位「古都京都の文化財」(45.6%)、2位「厳島神社」(43.5%)、3位「法隆寺地域の仏教建造物」(36.1%)、4位「古都奈良の文化財」(33.1%)、5位「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(32.7%)と、西日本の文化遺産が名を連ねるという結果となった。

次に日本、海外問わず「いつか行きたい世界遺産」を聞くと、「マチュピチュ(ペルー)」が2位に倍以上の差をつけて1位になった。2位以降は、「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(9.2%)、「ギザのピラミッド(エジプト)」(7.6%)と続く結果に。日本に関しては、自然遺産である「屋久島」(3.4%)、「小笠原諸島」(2.1%)も7位と10位にランクインした。

上位は気軽には行きづらい海外の世界遺産が占めている。海外の世界遺産に行けていない理由としては、

「遠いので体力があるうちに行きたいのですが、長いお休みがとりづらいので。」(マチュピチュと回答した40代女性)
「日程が取れない」(モン・サン=ミッシェルと回答した50代男性)

など、日程との兼ね合いで、まだ行けていないと回答する声が目立った。

やはり海外となると国内と比べ、まとまった休みが必要になるため、腰が重いようだ。

では、男性にとっても女性にとっても人生の大きな転機となる「プロポーズ」のタイミングとして「世界遺産」はどうだろうか。

「プロポーズしたい、またはされたいスポットの世界遺産」を尋ねると、1位〜5位は「いつか行きたい世界遺産」でもランクインした「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(16.4%)、「アンコール・ワット(カンボジア)」(7.5%)、「サグラダ・ファミリア(スペイン)」(5.9%)、「ヴェネツィアとその潟(イタリア)」(5.6%)、「グランド・キャニオン(アメリカ)」(5.2%)という結果になった。

TOP5の世界遺産のうち3か所がヨーロッパで、日本の世界遺産は上位にはランクインしなかった。一生の記念となるプロポーズを世界遺産で行うなら、海外と考える人が多いようだ。