@AUTOCAR

写真拡大 (全13枚)

もくじ

どんなクルマ?
ー ヴィッツ “GRMN” エンジンが別物
どんな感じ?
ー 6MT採用 先代GRMNターボから進化
ー 本格的LSDがアドバンテージ
「買い」か?
ー ライバルは、欧州ホットハッチ勢

どんなクルマ?

ヴィッツ “GRMN” エンジンが別物

86 “GR” プロトタイプの項でも書いたように、GAZOO Racing Companyの新設にともない、トヨタは「GAZOO」銘柄のスポーツモデルの再編・拡大を発表した。ただ、「GRMN」を冠するモデルの定義は以前と変わらない。


「GR」や「GR SPORTS」などの量産カタログ商品では基本的にボディとシャシー、そして内外装にとどまるのに対して、GRMNはその範囲をエンジンを含めたパワートレインにまで拡大。……ということは、つまりイジリに実質的に制限は設けない。しかも、限定販売を前提とすることで、イジリレベルには妥協しない「GAZOO、ここにあり!」を象徴する頂点的な存在が、GRMNだそうである。

そんな新体制GAZOOの象徴となるべき第1弾として開発中なのが、この「ヴィッツ “GRMN”」である。発売目標時期は来年春ということで、210ps以上/25.5kg-mというBセグホットハッチ最上クラスをうたう専用スーパーチャージドエンジンの性能も、今のところは目標値である。


新しいヴィッツ “GRMN” も先代にあたるGRMNターボ同様に、ボディは日本未導入の3ドアとなる。先代との最大のちがいはエンジン。歴代ヴィッツターボは1.5ℓ+ボルトオンターボだったが、今回は初めてベースエンジンを1.8ℓの2ZR系に変更。前記の目標スペックは先代より50ps以上/4kg-mも引き上げられている。
 


そのほかにはタイヤが先代よりワンセクションせまいのが興味深い。ダンパーも今回はザックス製を採用予定だ。

どんな感じ?

6MT採用 先代GRMNターボから進化


ギアボックスは当然のごとく6MTだが、じつはこれも先代GRMNターボまでは5速だったから、大きなグレードアップだ。内装はパッと見では専用スポーツシートとアルミペダルが目立つ程度だが、じつはステアリングホイールも専用である。


標準より小径化された専用ステアリングは、微妙な径、グリップの太さ(というか細さ)や形状までトヨタの好き者エンジニアたちによって丹念に作りまれたなかなかの逸品である。同ステアリングはもともと、GAZOO Racing Companyの前身である「スポーツ車両統括部」が長年のノウハウをもとに設計開発して、86後期型に初採用した。今後は86のみならず、GAZOOの定番ステアリングホイールとして使われていくらしい。
 

本格的LSDがアドバンテージ


試乗は別項の86 “GR” 同様に袖ヶ浦フォレストレースウェイの数ラップにかぎられた。

ルーテシアR.S.などの同クラスのトップランカーに匹敵するスペックをうたうエンジンは、少なくともこの小さめなサーキットでは十二分に速く、ハイエンドではしっかりと炸裂して、なかなかの快音を放つ。注目の6MTもまずまずの操作性だ。


サスペンションは意外と穏やかな設定のようで、市街地で閉口する乗り心地になりそうな不安はなかった。


嬉しいのはトラクション対策を、ルーテシアR.S.のようなブレーキLSDではなく、本格的な専用LSDが担うことである。ドライのサーキットをいいことに今回は遠慮なしに踏みまくったが、多少のリアの乱れはおかまいなしに、ステアリングを切った方向にグイグイと引っ張るトラクション性能にも不足は感じなかった。


惜しいのはブレーキで、サーキット走行ではもう少しガツンと効いてほしい。対向ポットキャリパーもいいのだが、まずはディスクローターを大径化するほうが、機能的にもビジュアル面でも優先すべきと思う。
 

「買い」か?

ライバルは、欧州ホットハッチ勢


国内入手可能なものでも、ルーテシアR.S.にプジョー208GTi by Peugeot Sport、そして来たるべき新型ポロGTI、海外に目を移せばフォード・フィエスタST……と欧州BセグメントGTIのトップリーグは群雄割拠だが、それらに正面から対抗できる国産車は事実上、これしかない。


価格はもちろん未定だが、先代GRMNターボから推測すれば300万円は切るかも……だろうが、それだと価格的にも前記の欧州勢とガチンコである。


まあ、今回のプロトタイプに乗るかぎり、少なくとも絶対性能で十分には対抗できそうな予感はあるが、いずれにしても限定で即完売が予想されるのは残念。まあ、今の日本ではこの種のクルマは限定でないと成立しにくく、限定でもやろうとしないメーカーが多いなか、こうして商品化してくれるだけでもありがたいが……。

トヨタ・ヴィッツ “GRMN” プロトタイプ(スペックは現時点の情報)

■価格 -(2018年春発売予定) 
■全長×全幅×全高 3975×1695×1510mm 
■乾燥重量 1140kg 
■エンジン 1.8ℓスーパーチャージドエンジン 
■最高出力 210ps以上 
■最大トルク 25.5kg-m