復帰初戦は低調な出来に終わった長谷部だが、チームにとって重要な存在であることに変わりはなく、次節以降での復調が期待される。20日(現地時間)には大迫擁するケルンと対決。 (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 ブンデスリーガ第4節は、日本人選手たちにとっては寂しい週末となった。1部リーグで8選手のうち6人が出場機会を得たものの、先発は2人のみ。2部リーグも途中出場が1人だった。

 先週は膝の問題でメンバーから外れたフランクフルトの長谷部誠だが、アウクスブルク戦で早くも先発復帰を果たした。地元メディアも試合前には長谷部をどこで起用すべきか盛んに議論したように、その復帰には大きな期待が寄せられた。
 
 チームが1-2で敗れたこともあり、ボランチとしてプレーした長谷部の評価は分かれた。
 
『キッカー』誌はチーム最高点となる3点を与えた一方で、『ビルト』紙は4点を付け、「前半は非常に存在感があり、攻撃面でも多くのアクションを起こしたが、それも多くは中央を経由してだった。後半は消えてしまった」と記した。
 
 また、地元紙『フランクフルター・ノイエプレッセ』は以下の通り、リベロでの起用の方が良かったのではないか、という見解を示している。
 
「3バックではなくボランチに入ったが、フェルナンデスの方が良かっただろう。アウクスブルクは中盤でスペースを与えられていて、長谷部には試合を作るのが難しかった。もう少しサポートがあれば良かっただろうが、何より彼がうまく試合に入れなかった。後半はダブルボランチになった」
 
 最下位に沈むケルンの大迫勇也は、ドルトムント戦で4-5-1の左インサイドハーフとして先発し、64分までプレー。チームが0-5で大敗したこともあり、評価は厳しいものになった。
 
『ビルト』、『キッカー』ともに採点は5点。地元紙『エクスプレス』も「この日本人は慣れない守備に走り回ったが、攻撃面では何もできなかった」と、やはり5点を付けている。
 
 また地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』も、「ドルトムントがボールを持っている時は、中盤でとてつもない走り仕事に追われた。攻撃には影響をもたらせなかった」と厳しく記した。
 
 一方、ドルトムントの香川はメンバー入りするも出場機会がなく、リーグ戦2試合連続で出番なしとなった。
 シュツットガルト(1-0でヴォルフスブルクに勝利)の浅野拓磨は、ヴォルフスブルク戦で72分からCFとして途中出場。ゴールには絡まなかったが、俊足を活かしたサイド突破からチャンスを演出している。
 
『キッカー』は採点が付かなかったものの、『ビルト』は3点と評価。同じく3点を付けた地元紙『シュツットガルター・ツァイトゥング』は、「この日本人はテロッデに代わってピッチに入り、そのスピードで相手に危険をもたらしたが、アコロが決められなかった」と好意的に記した。
 
 ハンブルク(ハノーファーに0-2で敗北)の酒井高徳、マインツ(バイエルンに0-4の敗北)の武藤嘉紀、ヘルタ・ベルリン(ホッフェンハイムと1-1)の原口元気は、それぞれ途中出場を果たしたが、出場時間が短かったため採点は付かなかった。
 
 2部では、グロイター・フュルト戦に67分から途中出場したフォルトゥナ・デュッセルドルフの宇佐美貴史が、日本人選手として唯一の出場となった。チームは1-3で最下位相手に敗れて首位から転落。『ビルト』は4点を付け、『キッカー』は採点が付かなかった。