窪田正孝、『僕たちがやりました』最終回に大きな自信 「トビオとして、悔いはないラスト」

写真拡大

 関西テレビ・フジテレビ系にて毎週火曜21時から放送されているドラマ『僕たちがやりました』。今夜9月19日に放送される最終回に向けて、主演の窪田正孝からコメントが寄せられた。

参考:『僕たちがやりました』の“視聴熱”なぜ高い? ”視聴率”では語れないドラマの魅力

 『週刊ヤングマガジン』で連載されていた人気コミックを実写化した同ドラマは、復讐計画によって起こした爆発事件がきっかけで、窪田演じる高校生のトビオたちが初めて生きることに必死になり、右往左往しながらも成長していく様を描いた“青春逃亡サスペンス”。先週放送された第9話では、市橋(新田真剣佑)の思いもよらぬ死や、刑事・飯室(三浦翔平)の言葉で自責の念にかられたトビオらは自首を決意。付き合っている蓮子(永野芽郁)にも理由は言わず、トビオは一方的に別れを告げた。翌朝、トビオたちは自首をするため、あるコンサート会場に向かい、大勢の観客の前で声高らかに「僕たちがやりました!」と宣言。そこへ突然マスクをした男4人が会場に乱入し、トビオたちは拉致されてしまった。

 ドラマでは、原作とは異なる展開でラストへ向かう。米田孝プロデューサーは、「トビオたちの犯した罪は許されませんが、自らの過ちにどう向き合い、どう行動するか? “生きる”ことをテーマにし、原作とは違う、一歩進んだ罪との向き合い方をします。その先をどう生きていくのかを感じられるようなラストで、原作の金城(宗幸)先生にも太鼓判をいただけました!」と、15通りほど用意した案から選択したラストに自信をのぞかせる。主演の窪田も「僕からもアイディアを出させてもらいました」と明かしながら、「トビオとして、悔いはないラスト。原作を読んでいても違和感もなく、気持ちはスッキリしました」と結末についてコメント。

 5月から始まった撮影を振り返り、窪田は「駆け抜けた4か月。撮影が終わることは正直寂しいですけれど、一個一個のシーンが濃かったです。ビルとビルの隙間で、パンツ一丁でドーナツにかぶりつき、逃亡劇をしていた時は、自分自身も追いつめられていったし、(第6話の)ボウリング場でパイセンに声をかけられ、4人で再会できたときは本当に嬉しかった。大人になり切れず、もがいているトビオを演じることはすごくやりがいがありました。衣装合わせで制服を着た時は“無理でしょ”と思っていたのですが、始まってしまえば一張羅のようになって、自分に馴染んでいきました。あの制服のおかげで高校生に戻れた気がします」と率直な感想を語った。

 また、作品の本質について、「器用ではないので、どうしても役の影響を受けてしまうことはあります。ずっとモヤモヤが消えないというか、作品のテーマでもある“罪との向き合い方”をずっと考えながらやっていました。殺意をもって殺したわけではないので、余計に他人事のように感じてしまう部分もあったりしたのですが、市橋が亡くなってしまった時に、罪の重さが形を変えてのしかかってきました。ある種の恐怖でした」と、トビオの疑似体験をしていたことを明かした。

 永野芽郁演じるヒロインの蓮子については、「蓮子に(第9話で)“別れよう、一生会いたくない”と言った時は、トビオの決意を感じました。それと第9話の水族館のシーンでかかったナレーション“無言のままでもいい。そんな関係を愛っていうのかな”というセリフはグッときましたね。世の中、好きだけど出来ないことはたくさんあるし、トビオと蓮子がそれを体現していた」と、SNSでも話題になったシーンについても言及。

 さらに、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)とのシーンについて、「4人でいるときはどんどん自由になっていきました。流れのままにやってみようとする部分は、台本にとらわれない作品の強さでもあるなと」と、4人のチームワークや場の空気感の良さについて語った。そして、「若い方が大人になって、“中、高校生の時に何のドラマを見ていた?”という話題になった時にこの作品が出てきたら、本当にこの作品をやった意味があるなと思います。見てくださった方に何か心に刺さるものがあれば幸せです!」と締めくくった。(リアルサウンド編集部)