錦戸亮主演映画『羊の木』、公開日が2018年2月に決定 松田龍平ら6人の“元殺人犯”捉えた特報も

写真拡大

 錦戸亮主演映画『羊の木』の公開日が2018年2月3日に決定。あわせて特報映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山上たつひこといがらしみきおによる同名コミックを、『桐島、部活やめるってよ』『美しい星』の吉田大八監督が実写映画化したヒューマン・ミステリー。受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトを担当することになった、ある寂れた港町“魚深”の市役所職員・月末が、6人の元殺人犯の男女と関わっていく模様を描く。主人公の市役所職員・月末を錦戸が演じるほか、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平が共演に名を連ねる。

 公開された特報映像では、魚深に移住してきた元殺人犯の男女6人(北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平)の姿と、彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末(錦戸亮)の姿が捉えられている。

 また、本作が第53回シカゴ国際映画祭と第22回釜山国際映画祭へ正式出品されることも決定している。(リアルサウンド編集部)