ポール・マッカートニー&ブルース・スプリングスティーンが豪華共演

写真拡大

 現地時間2017年9月15日に開催された米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン公演の前に「今夜はとても思い出深い夜になる」と話し、ライブに挑んだポール・マッカートニーだが、アンコールにブルース・スプリングスティーンを登場し、本人はもちろんファンにとっても思い出深い夜となったようだ。

 スプリングスティーンことボスがステージに立った際、彼のファン雑誌“Backstreets magazine”は、「サー・ポール・マッカートニーのマディソン・スクウェア・ガーデン公演で、たった今“I Saw Her Standing There”を演奏する前にブルース・スプリングスティーンを紹介した。時間オーバーになりませんように!! #OneOneOne」と投稿。

 ボスは、ポール、彼のバンド、さらには自身のバンド=Eストリート・バンドのギタリスト、スティーヴ・ヴァン・ザントとともに1度ではなく、2度も「I Saw Her Standing There」をプレイした。公演後、ポールは自身のTwitterに「ボスと思いっきりロックした―あまりにも出来が良くで、2度もやらなくちゃならなかった」というコメントを投稿している。その場にいたスティーヴ・ヴァン・ザントの妻は、「3時しか寝ていないけれど、本当に素晴らしい夜だった!ポール・マッカートニーのショーに匹敵するものはない。バンドは素晴らしいし、曲も最高で、みんなすごくいい人。魔法みたい」と興奮を隠しきれない様子だった。

 また、この日のライブでは、レア曲「A Day in the Life」も披露された。


◎ポール・マッカートニーによる投稿
https://twitter.com/PaulMcCartney/status/908909478967463936

◎ファンによる映像
https://youtu.be/cIKDbii1vZI
https://youtu.be/Pr4tVf10v0g