ソクラティス・パパスタソプーロス【写真:Getty Images】

写真拡大

 18日付けの独紙『キッカー』はブンデスリーガ第4節のベストイレブンを選出した。今節の注目選手はドルトムントに所属するDFソクラティス・パパスタソプーロスだろう。同選手は現地時間17日に行われた対ケルンとの試合で今季から導入されたビデオ判定でゴールが認められた際の得点者である。

『キッカー』によるブンデスリーガ第4節のベストイレブンは以下のとおり。

▽GK
マルビン・ヒッツ(アウクスブルク)

▽DF
ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
ベンジャマン・パヴァール(シュトゥットガルト)

▽MF
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
サンティアゴ・アスカシバル(シュトゥットガルト)
チャルレス・アランギス(レバークーゼン)
アリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)

▽FW
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
ケビン・フォラント(レバークーゼン)
マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)

text by 編集部