今季のモウリーニョ監督は表情が明るく、発言も自信に溢れている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

最大の強みは一体感。ユナイテッドが身につけた機能性

 マンチェスター・ユナイテッドが開幕から好調を維持している。圧倒的な攻撃力が注目されがちだが、今季のチームの最大の特徴は別のところにある。昨季6位から巻き返しを図る”赤い悪魔”は、全く別のチームに変貌を遂げた。ジョゼ・モウリーニョ監督の変化も見逃すことはできない。(取材・文:松澤浩三)

---

 マンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ第5節でエバートンを4-0と粉砕し、勝ち点を13に伸ばした。5試合を終えて16得点、2失点、得失点差は+14。地元のライバル、マンチェスター・シティと勝ち点、得点、失点が同じで首位に並ぶ。

 エバートン戦では、前半4分にアントニオ・バレンシアがエリア外から豪快なミドルシュートで先制ゴールを奪う。その後は相手の粘りに苦しんだものの、終盤の9分間で怒涛の3ゴールを決めて圧倒した。

 試合後のジョゼ・モウリーニョ監督は、「前半の30分までは今季のベストパフォーマンスだったが、そのあとは苦しんだ。それでもパフォーマンスは非常に良かった。厳しい時間帯は長かったが、継続してソリッドなプレーができていた。チームとして一丸となり、組織的だった」と分析した。

 現時点での数字だけを見れば、ユナイテッドの強さは抜群の破壊力を持つ攻撃力であり、失点を許さない堅固な守備力のように映る。だが今季のユナイテッドの最大の強みは、指揮官の言葉どおり、チームが一体となってプレーしていることではないだろうか。

 先月26日のレスター戦は、今季初となるユナイテッド戦の取材だった。そして感じたのは「久しぶりに強いユナイテッドを見た」ということ。ロメル・ルカクやネマニャ・マティッチといった一線級の選手が新戦力として加わり、2年目のポール・ポグバやヘンリク・ムヒタリアンがよりチームにフィットしているのは明らか。何よりマティッチが中盤の底に入ったことにより守備が安定し、組み立てがスムーズになっていた。だが、最も印象的だったのはチームとしての機能性の高さだった。

 この試合で、後半途中まではレスターが守備ブロックを整備して組織的によく守っていた。ただ後半15分に岡崎慎司が交代すると、それまでの高い位置からの守備ができなくなり、バランスが崩れていく。

 一方、辛抱強くゴールを待ち続けたユナイテッドは、後半22分、それまで中盤で試合を組み立てていたものの怖さがなかったファン・マタに代えて、マーカス・ラシュフォードを投入。すると3分後のコーナーキックから、そのラッシュフォードがあっさりと先制点を挙げた。さらに後半38分には、同じく途中出場の2人、ジェス・リンガードのクロスをマルアン・フェライニが押し込んで追加点を奪い、勝負は決した。

「スペシャルワン」に戻ったモウリーニョ

 指揮官は試合後に「完全に支配していた」と話したが、この試合のユナイテッドにはまるで死角がなかった。相手が中堅のレスターとはいえ、一寸の隙もない強さを感じざるを得なかったのである。

 また同時に印象的だったのは、凛として、清々しいモウリーニョ監督の表情だった。近年の彼は、苦虫を噛み潰したような険しい表情ばかりが目立ち、以前のようなチャーミングさが消えていた。しかしながら、この日の指揮官の立ち振る舞いからは、遡ること13年前、2004年にチェルシー新監督の着任会見で自身を「スペシャルワン」と形容していたころの余裕と自信が感じられた。

 レスター戦後の会見で、自身の采配が的中したことについて聞かれたポルトガル人指揮官は「いいプレーヤーが揃っているからだ」と冗談めかしながらも、こう説明した。

「マタはボールを持ってプレーするタイプで、ポゼッションのあるときにより真価を発揮する、ペイシェントな(編注:日本語ではたゆまず働く、勤勉な、根気強くといった意味が近い)ビルドアップが得意なプレーヤー。翻ってマーカスは、ボールのない局面でも走り回る選手だから、私は彼に『ルカクとの位置関係を考えながら動け』と指示したんだ」

「だが私の選手起用ではなく、選手たちのクオリティが高いからうまくいった。しかもただ質がいいだけではない。彼らは、チームのためにプレーしようというモチベーションも高い。先発出場だろうがベンチからだろうが関係ない、この集団はとてもソリッドだ。非常にフレンドリーなグループだ」

 まだ開幕から数試合こなしたばかりだし、昨季も開幕直後のユナイテッドは上々のスタートを見せていた。それでも、今季ここまでのチームにはサー・アレックス・ファーガソンが2013年に勇退して以来、チームに欠落していた「フォア・ザ・チーム」の意識が戻り、一体感が生まれているように映る。

教え子が明かす言葉の意味。勝って兜の緒を締めよ

 好調な滑り出しについて、モウリーニョ監督は「とてもいいプレシーズンを送れたからだ」と強調する。

「良いコンディションの中で、トレーニングを重ねられた。戦術面や単純なプレー面だけではなく、集団として練習を重ね、時間を過ごすことができた。24時間一緒に過ごして、ロサンゼルスの素晴らしい環境の中で練習を続け、欧州の強豪と2試合こなした。プレシーズンを過ごしてチームは自信を取り戻し、いい形でスタートできた」と満足げに語った。

 エバートン戦に先駆けて、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ初戦・バーゼル戦も3-0の完封勝利を飾った。第三者にとっては面白みのない試合だったろうが、CLの常連をあっさり退けるチームには、強かった時代のユナイテッドの姿が垣間見えた気がした。

 また今季は近年に比べて選手層も厚くなっており、バーゼル戦でもバックラインにはクリス・スモーリングと新加入のビクトル・リンデロフを、左ウィングバックにはアシュリー・ヤングを起用し、リーグ戦ではベンチに座ることの多い選手たちにプレータイムを与えることもできた。また負傷退場したポグバに代わって途中出場したフェライニはが1得点1アシストと気を吐くなど、収穫が少なくなかった試合である。

 それでも、試合後のモウリーニョ監督は満足しない様子で、「前半は良かったが、途中から締まりがなくミスが多くなり、プレイステーションのサッカー、ファンタジーフットボール(編注:欧米で盛んなサッカーシミュレーションゲームのこと)だった」と、勝って兜の緒を締めた。

 解説席にいたのは、チェルシー時代のモウリーニョを良く知るランパード。司会のガリー・リネカーに「モウリーニョはハッピーじゃないのか?」と聞かれたチェルシーのレジェンドは、「そんなことはない。喜んでいると思うよ。CL初戦としては、ジョブ・ウェルダン(上々の仕事)だ。だが、選手たちの気を引き締めるためにそう見せている」と明かした。

継続の難しさを知る指揮官。ユナイテッドの強さは本物か?

 まだ開幕直後なだけに、赤い悪魔の帰還を語るのは時期尚早だ。それだけに指揮官も、選手たちに多くを求めているのだろう。なぜなら、酸いも甘いも経験した智将は、現在のインテンシティの高いパフォーマンスを1シーズン通して続けるのが難しいとわかっているからだ。

「監督としてあまり経験はないが、週に1試合しかないときは、十分な準備が可能だ。次の試合に向けてすべてを勉強し、分析してから用意周到で臨める。ただ2、3日ごとに試合をする場合は、プレシーズンで蓄えたもの、そしてシーズン中に作っていくものをベースにしなくてはいけない。これからは毎週のようにミッドウィークに試合が入り、週5日を準備に費やせるクリーンウィークはない。1月くらいまでないだろうから、簡単にはいかない」

 その意味では、エバートン戦はユナイテッドの本当の強さを見極めるのに適した試合だったといえるのではないか。エバートンのロナウド・クーマン監督が、「4-0のスコアは、実際の試合展開を反映していない」と語り、モウリーニョ監督もそれに同調した。そして多くの識者も、「90分間を通してみれば、エバートンには酷なスコアラインだった」と話していた

 だが、結果がすべての世界である。今季の第一ハードルと目されていた試合で、大事なところで仕事をして、きっちりと勝利をモノにしている。今後は10月初旬の代表ウィークを除いて、ほぼ毎週2試合をこなしていかなければならず、さらに10月にはリバプール戦(14日)、トットナム戦(28日)、11月にはチェルシー戦(5日)と、トップチームとの戦いが控える。

 真価が問われる試合が待ち受けるが、果たしてユナイテッドの強さは本物なのか。もし、モウリーニョ監督の自信溢れる表情だけで判断できるというのであれば、その可能性は高い。

(取材・文:松澤浩三)

text by Kozo Matsuzawa / 松澤浩三