福田正博 フォーメーション進化論

 日本代表は、8月31日に行なわれたロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦で完勝して、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。


6勝2分2敗でアジア最終予選を終えたハリルジャパン

 今回のアジア最終予選は、日本が初めてW杯への出場権を獲得した1998年W杯の予選は別として、その後の2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会のときのような楽な展開ではなかった。

 予選最後の試合だった9月5日のサウジアラビア戦に敗れて、終始苦しんだ予選を象徴するような終わり方になってしまった。だが、大きな重圧のかかったオーストラリア戦で結果を残し、張り詰めた緊張感から開放された直後だったことを考えれば、一定の評価をしてもいいのではないかと思う。

 この最終予選で日本代表は6勝2分2敗の成績を残したものの、試合内容に限ると、合格点を与えられるのはホームとアウェーのオーストラリア戦の2試合だけだった。

 ザッケローニ監督時代は、ボールポゼッションを高めて相手をゴール前に押し込み、パスで揺さぶりながらゴールを狙った。これに対して、ハリルホジッチ監督のスタイルは、ボールポゼッションにはこだわらず、高い位置でボールを奪い、素早く相手ゴール前へと迫っていく縦に速いサッカーだ。この、真逆ともいえるスタイルへの変更によって、選手たちは対応に苦心した。

 そうしたなかで、狙い通りに試合を進められたのがオーストラリア戦だった。アウェーで1-1の引き分けに終わった試合も内容はよかったが、先日のホーム埼玉スタジアムでの試合は、より理想的な展開で勝利をつかんだ。

 ホームで完勝できた要因には、井手口陽介、山口蛍というボール奪取能力の高い選手ふたりをインサイドハーフに並べ、その後ろに長谷部誠を置いたことが大きい。こうした布陣で臨むことができたのは、「オーストラリアがロングボールを捨てて、中盤からパスでつないでくる」というスカウティングをしっかりやっていたからだ。

 そのため、相手の良さを消しながら、自分たちの狙い通りの展開に持ち込むことができた。ただし、これはパスサッカーへの転換を図るオーストラリアが、自分たちのポゼッションスタイルを貫くことに固執したことが幸いしたともいえる。

 実際、日本代表の戦い方を研究してきたサウジアラビアは、その弱点を突くプレーを随所に見せた。この試合では、チームを離脱した長谷部に代わって山口をアンカーに据え、井手口と並ぶポジションには柴崎岳を起用したが、アンカーの山口の両サイドのスペースをサウジアラビアに使われ、攻撃を跳ね返すのに苦労することになった。

 それでも、最終予選のラスト2試合で鮮明になったのが、ハリルホジッチ監督は「対戦相手を徹底的に研究して試合に臨む指揮官」ということだ。

 2002年の日韓W杯以降の日本代表を振り返ると、ジーコ監督時代はブラジル流の個人技術を生かす攻撃的なスタイル、岡田武史監督のもとでは前線の激しい守備からショートカウンターを狙うサッカー、ザッケローニ監督時代はポゼッションサッカーを志向してきた。

 各監督はそれぞれ異なるスタイルで、その時々の戦力で足りない部分がありながらも、まずは「自分たちが築きあげてきたスタイルで戦う」チーム作りをしてきた印象がある。

 一方、前任者たちとは異なり、ハリルホジッチ監督はリアリストだ。岡田元監督にもこうした側面はあるが、ハリルホジッチ監督のほうがより”結果”にこだわる傾向が強いと感じる。

 結果から逆算して勝つためのチーム作りをするため、極論すると「自分たちのスタイル」はない。就任当初はメンバーが固定されていた印象もあったが、今はレギュラーも決めていないように映る。もちろん、”縦に速い”という基本スタイルは掲げているものの、これはサッカーにおいてはシンプルなことで、「日本ならではの戦い方」あるいは「自分たちのスタイル」とはいえない。

 言わずもがな、日本代表にとってW杯までの約9カ月をどう過ごすのかはとても重要になる。ブラジルW杯では、出場権を獲得した直後の2013年11月にオランダ代表と対戦して2-2の引き分け、本大会への期待が高まったが、結局はグループリーグ1分け2敗で敗退。ドイツW杯でも大会前にドイツとのテストマッチで引き分けたが、1分け2敗でグループリーグ敗退。強豪国といい試合をするものの、本番での結果に結びついていない。

 本番前にいい試合をしてしまうと、安心感からか、そこからチーム力を上げることが難しくなるともいえる。あえて強豪国と強化試合を組むよりも、グループリーグの対戦国を想定してチーム作りを行なっていくことを優先してもらいたい。

 ハリルホジッチ監督は、ブラジルW杯でアルジェリアを率いてグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦ではこの大会で優勝したドイツを延長戦まで追い詰めた。相手を研究・分析しながら選手起用や戦術を変えた手腕を、日本代表でも活かせるかどうかは、本番までの時間の使い方にかかっている。

 長らく日本代表の中心だった本田圭佑や香川真司も、レギュラー争いに身を置くことになった。現状は新戦力に後れを取っているが、12月にW杯の対戦相手が決まり、その研究・分析が進むことで、彼らの力が再びクローズアップされる可能性もある。

 日本代表をロシアW杯でグループリーグ突破に導くために、今後、ハリルホジッチ監督はどういった選手たちを招集してチームを練り上げていくのか。その手腕を、これまで以上に注目して見ていきたい。

■サッカー代表記事一覧>>

■福田正博 フォーメーション進化論 一覧>>