北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、署名入りの論説で核・ミサイル開発を継続する意思を強調した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「こんにち、チュチェ朝鮮で収められている目覚しい成果は最高指導者金正恩委員長の賢明な指導の下で朝鮮人民がもたらした自力自強の貴い結実だ」と述べた。

また、「わが人民の反米立場は、明々白々である。米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇が根源的に一掃されない限り、自力自強の威力を強く発揮し、核戦力高度化の道を変わることなく継いでいくということである」と主張した。

さらに、「偉大な党の指導があり、自力自強の精神力を所有した人民がいる限り、米国の反共和国圧殺野望は空の星を摘んでみるということ同様の荒唐無稽な妄想にすぎない」と述べた。